ロッドのアップ写真

エッグキャストタフィーで釣りを楽しみたい!ジャッカルの人気ショートレングスロッドに2020年新色登場

FISHING JAPAN 編集部

ジャッカルからリリースされているショートレングスロッドといえば、エッグアームシリーズが有名ですが、あちらは穴釣りなどのバーチカルアプローチが主体。

このエッグキャストタフィーは、前に仕掛け・餌・ルアーなどを飛ばすことが目的に作られたロッドです。

2020年には、鮮やかで釣り場に映える新色が登場しますよ。

エッグキャストタフィーの特徴や、実際に使ってみたインプレについてご紹介しましょう。

エッグキャストタフィーとは

エッグキャストタフィーとは、ジャッカルからリリースされている、ショートレングスのスピニングロッドのことです。

全長なんと110センチしかありませんから、手軽に振り回して操れるように仕上がっていますよ。

リールシートが付いているので、スピニングリールを装着して使ってみましょう。

ラインガイドのフットが長めなので、ベイトリールを装着して操るのは難しいかもしれませんね。

実は自重も110グラム、継ぎ数はなしの1ピース仕様になっています。

これならクルマに積み込みやすいですし、出かけた先ですぐに釣りを始めることもできます。

エッグキャストタフィーの使い方

このロッドの使い方を考えてみましょう。

前にキャストできるということは、足元も狙えるということ。

穴釣りなどのバーチカルな攻めも可能で、ラインに結ぶ仕掛けによっては、沖合いのポイントも探れることに。

それでも長さ110センチですから、大遠投!というわけにはいきません。

防波堤などの足場のよいところから、少しだけキャストしてボトムの変化を探るのに適しているでしょう。

ということは、餌釣りはもちろん、ルアー釣りでもじゅうぶんに活用できることになります。

女性や子供にとても扱いやすいロッド

エッグキャストタフィーは、軽量でショートレングス。

なので女性や子供にとって、とても扱いやすいロッドになってくれますよ。

初めて釣りを体験するときなどに、とても便利かもしれませんね。

短いロッドならカンタンに振り回せるので、キャストの練習にもってこいですし、遠投にならないことでライントラブルなどを未然に防ぐことができます。

何度もキャストの練習を積みながら、自然と釣りに慣れていくことが可能でしょう。

実際にこのロッドを使って釣りを楽しんでいるシーンをご覧ください。

エッグキャストタフィーを使って釣りを楽しんでいる動画はこちら

エッグキャストタフィーの取り回しやすさが、うまく表現できている動画でしたね。

ハイスペックな機能をロッドに求める風潮が強いですが、それはエキスパートアングラーだけに許される特権のようなもの。

これから釣りを始めようとしている人にとって、ハードルが高くなるような要素は、あえて求めなくていいでしょう。

分かりやすくて扱いやすい、そういう機能の特化したロッドがあってもいいじゃないですか。

ポップで可愛いカラーが施されたロッドを手にしながら、釣りの世界へワクワクする一歩を踏み出してください。

魚が一匹釣れたら、興味はどんどん膨らんでいくに違いありません。

エッグキャストタフィーを実際に使ってみた!

エッグキャストタフィーに餌やルアーを装着して、実際にキャストしてみました。

110センチという長さは、確かに短く感じましたが、それは既存のロッドに慣れているからでしょう。

数投すると慣れてきて、この長さで楽しめるアプローチを自分で探すようになります。

例えば、砂浜からちょっと沖にあるシモリ。

ルアーを藻に引っ掛けては外しながら、居付いている魚を釣っていくのは、とても楽しいですよ。

その際に使ったのが、このルアーです。

JACKALL(ジャッカル) ルアー エッグナッツ オレンジゴールデンエッグ

JACKALL(ジャッカル) ルアー エッグナッツ オレンジゴールデンエッグ

最安値価格
¥930(Yahoo!)

Amazonへ ¥1,328

楽天市場へ ¥949

Yahoo!へ ¥930

エッグキャストタフィーにベストマッチな小型のルアー・エッグナッツです。

自重2.3グラムなので、7グラムまでキャストできるエッグキャストタフィーにはバッチリ。

リップが前に突き出しているクランクベイトなので、管理釣り場のトラウトゲームなどに活用できそうですね。

実際に使ってみたのは、海の砂浜と岩場が交わるエリア。

水中を観察してみると、藻の伸びている岩がいくつも点在しています。

そこへ目掛けてルアーを投入し、藻に軽く引っ掛けては無理やり外さずに、ロッドを細かくシェイク。

そのうち振動のルアーの浮力で、ふわりと外れて藻に沿いながら浮き上がろうとします。

その生命感溢れるアクションに、周囲に潜んでいたアイナメやメバルが飛び掛かってくれました。

カサゴは夜のほうが反応良さそうですね。

さまざまな魚を狙ってみるのに、とても楽しいエリアでしたよ。

河口域に歩を進めると、ハゼの数釣りも体験できました。

エッグキャストタフィーの販売価格をチェック!

エッグキャストタフィーのメーカー希望販売価格は、4,600円です。

釣具店やネット通販などでは、もう少し安く手に入れることができるかもしれませんね。

メルカリなどのフリマアプリでも出品されているのを見かけますから、人気が高いのは間違いないでしょう。

県をまたいだ釣り場へ出かけるには、じゅうぶんな配慮が必要です。

出来る限り他の場所には立ち寄らず、目的の釣り場で釣りを楽しめるように準備しておきたいですね。

当日釣り場へ到着した際に、先行者がたくさんいて釣りを始めているようなら、そこに合流するのは避けたほうがいいでしょう。

グーグルマップなどをスマホで開いて、近くに別の釣り場がないかチェックしてみましょう。

駐車スペースがあって地元住民の皆さんに迷惑がかからなければ、釣りをスタートさせてください。

家族や仲間などと大勢のグループで釣りを楽しむには、もう少し我慢が必要かもしれませんね。

ジャッカルの関連記事はこちら

ジャッカル」カテゴリの人気記事

DAILYランキング