バスとルアーのアップ写真

ハードルアーでバスを釣りたい!種類別おすすめルアーを厳選チェック

FISHING JAPAN 編集部

バス釣りに用いるルアーには、数多くの種類が用意されています。

人気なのはワームを中心としたソフトルアーですが、実際によく釣れるのは、ハードルアーかもしれませんよ。

ここでは、バス釣り用ハードルアーの使い方や、おすすめのアイテムを詳しくご紹介しましょう。

「えっ、絶対にソフトルアーのほうが釣れるよ!だって餌にそっくりじゃん!」

その通り、餌に似ているという切り口だけならワームに分がありますが、それなら餌釣りをすれば済む話。

我々はルアーを使ってバスを釣りたいアングラーですから、餌にはないルアーの強みという観点から、ハードルアーを紐解いてみましょう。

ハードルアーとは

ハードルアーとは、カンタンにいえば硬いルアーのことです。

自然界にそんな硬い餌は、ほぼ存在しないですから、ハードルアーを使うだけで何やらハンデを負ったイメージになりがちです。

「だからこそ、ソフトルアーなんだよ!」

そういう考え方も当然アリでしょう。

でも、よく考えてみてください。

何もない水中に、突然物体が降って現れます。

その体積分の水をきっちり押し退け、なおかつウォブリングやローリングといったアクションを発生させて、体積以上の水を押し始めるのです。

力強く、水圧に押し潰されることなく。

これぞハード=硬いルアーの真骨頂だと思いませんか?

効率よく水を押すことで、遠くにいるバスにも存在を気づいてもらえます。

この点において、ソフトルアーは一歩譲るしかありません。

見つけてもらいやすいという要素は、確実に食わせ→バイトに直結していくでしょう。

この一連の流れが、餌ではなくルアーを使って釣りをする原点であり、多くのアングラーが没頭する理由でもあるのです。

大きいハードルアー

ハードルアーには、さまざまなサイズが設定されています。

大きいものや小さいものがありますが、それぞれどんなメリットがあるのでしょうか。

まず大きいものは、①大きいから重く作ることができます。

重ければ遠くまで飛ばせますし、広範囲をきっちり探ることも可能に。

②さまざまな要素を詰め込めます。

例えばジョイント構造、例えば羽根パーツ。

金属製の回転プロップやブレードパーツも載せることができるので、より一層釣れる確率が上がりますよね。

③重いからこそ、誰もが扱いやすいハードルアーに仕上げることができます。

これって、とても大切な要素ですよね。

小さいハードルアー

ハードルアーのサイズには、小さいものも存在します。

そのメリットは、①着水音を低く抑えることができます。

その刺激を抑えられたら、バスが驚いて警戒心を高めることにはつながりません。

警戒心が低ければ、釣れる確率は格段にアップするでしょう。

②刺激が少ない分、何度も同じポイントへアプローチできます。

一度目の着水ではバスに気づいてもらえなかったかもしれませんが、2度目のトライで強烈なバイトをもらえるかも。

その可能性を維持できるのが、小さいハードルアーの特権といえるでしょう。

③サイズが小さいことに比例して移動距離も短くなり、その間でしっかりとアクションすることができます。

狙ったポイントからあまり離れない狭い範囲で、意図したアクションを確実に発生できれば、バスのバイトを大いに期待できます。

どうですか、小さいハードルアーも使ってみたくなってきたでしょう?

ハードルアーのおすすめアイテムをピックアップ!

それでは数あるハードルアーの中から、おすすめのアイテムを取り上げてみましょう。

種類別にピックアップしますので、まだ手元に持っていないカテゴリーなら、この機会に増やしてみてください。

サイズや価格にも注目しながら、自分のタックルボックスに加えるようにしましょう。

ガンクラフト ルアー 鮎邪ジョインテッドクロー178 F #15フラッシングGMチャート

ガンクラフト ルアー 鮎邪ジョインテッドクロー178 F #15フラッシングGMチャート

最安値価格
¥4,777(Yahoo!)

Amazonへ ¥5,029

楽天市場へ 取扱なし

Yahoo!へ ¥4,777

ジョイントボディのビッグベイトです。

フローティング仕様やシンキング仕様がありますが、どちらもしっかり水に絡んでS字を描きながらスイムする、いわゆる大きいハードルアーに含まれます。

長い移動距離の中で、ホンモノらしさをアピールする仕組みになっているので、ロングキャストが求められますよ。

そのためのXHパワークラスのベイトロッドや、太いラインを多めに巻けるベイトリールを用意しなければなりません。

一度バイトしてきて乗らなかったバスが、2度3度と食い付いてくる様子は圧巻。

まさに大きいルアーのメリットを満載しているアイテムといえるでしょう。

カラーバリエーションやサイズの種類も豊富なので、剛性・耐久性の高いスナップを活用しながら、ローテーションを実践してその日の当たりルアーを見つけるのもいいですね。

シマノ(SHIMANO) ルアー バンタム マクベス タイニー ZQ-C39T 006 ブラックシルバー

シマノ(SHIMANO) ルアー バンタム マクベス タイニー ZQ-C39T 006 ブラックシルバー

最安値価格
¥1,117(amazon)

Amazonへ ¥1,117

楽天市場へ ¥1,117

Yahoo!へ ¥1,117

2020年にシマノからリリースされた、小さいハードルアーの典型です。

全長たったの39ミリで、自重は5グラムしかありません。

キャストして着水させても、水柱が上がるような激しさは皆無ですし、落ちた波紋を見て魚たちが集まってくるのが見えますよ。

いわゆる警戒心らしきものが、全く発生していない状況を見て取れるのが嬉しいですね。

リトリーブを開始すると、ほんの数十センチ泳がせただけで、左右にボディをしっかりウォブルさせているのが伝わってきます。

この移動距離の短さは、大きいハードルアーでは実演困難な領域といえるでしょう。

カラーバリエーションの中には、反射板を内蔵したタイプもあり、小粒なのにアピール度の強い選択もできるようになっていますよ。

太いラインを使ってカバー周りを攻めたいなら、スピニングタックルではなくベイトタックルを使ってみてください。

自重5グラムでも現行のベイトリールなら、12ポンドクラスのモノフィラメントラインを使って、じゅうぶんな飛距離を稼げるはずです。

メガバス(Megabass) ルアー 水砲 SWING HOT(スイホウ) ハマナシークレット

メガバス(Megabass) ルアー 水砲 SWING HOT(スイホウ) ハマナシークレット

最安値価格
¥1,500(amazon)

Amazonへ ¥1,500

楽天市場へ ¥1,615

Yahoo!へ ¥1,629

チヌゲーム用に作られたポッパータイプのトップウォータールアーです。

バス釣りに転用しても、かなりの好釣果を期待できますよ。

キャストして着水、ロッドワークを刻みながら加えていくと、その回数分しっかりと前方に水飛沫を飛ばしてくれます。

飛ばした後、元に極めて近い位置にボディを戻すことができるので、移動距離を抑えた状態で連続スプラッシュが可能になっています。

飛距離が伸びるウエイトバランスになっていて、なおかつサイズは小さ目。

これならバスがスレしてまうまでに、何度もバイトチャンスを作り上げることができるでしょう。

カラーはマット仕上げのものから、クリアーベースのものまで揃っています。

釣り場のその日の水質に合わせて、ベストなカラーを探してみましょう。

スミス(SMITH LTD) ペンシルベイト ヘドン スーパースプークJr. 3-1/2 8.89cm 1/2oz 17.0g スペクルド トラウト #ST ルアー

スミス(SMITH LTD) ペンシルベイト ヘドン スーパースプークJr. 3-1/2 8.89cm 1/2oz 17.0g スペクルド トラウト #ST ルアー

最安値価格
¥1,760(amazon)

Amazonへ ¥1,760

楽天市場へ ¥2,888

Yahoo!へ ¥2,441

ヘドンの名作ザラスプークを、ちょっぴり小さくしたペンシルベイトです。

トップウォータールアーのカテゴリーに含まれるので、キャストし着水させたらその場に浮いたままになりますよ。

よく言われるのは、そこから首振りアクションを伴なったドッグウォークをおこなうということ。

でもそればかりを実践していると、釣れるピンポイントから引き離してしまう行為を繰り返していることに。

そこでラインアイを大き目のスナップを付けて、ラインも比重の高いフロロカーボン素材にすれば、いきなりダイブしてくれるセッティングに変えることができます。

ダイブさせてから浮上、この縦方向のアクションなら、あまり移動距離を伸ばさずにバスにアピールすることが可能でしょう。

遠投で各ポイントを叩きながら、反応してくるバスを確実にフッキングに持ち込むようにしてください。

メガバス(Megabass) ルアー IXI SHAD(アイバイアイ シャッド) TYPE-R GP ハチロー

メガバス(Megabass) ルアー IXI SHAD(アイバイアイ シャッド) TYPE-R GP ハチロー

最安値価格
¥1,871(amazon)

Amazonへ ¥1,871

楽天市場へ ¥1,871

Yahoo!へ ¥1,871

メガバスからリリースされている、全長57ミリで自重7グラムしかないシャッドプラグです。

スローフローティングに設定されているので、潜行させてからキルを入れると、ふらふらとゆっくり浮上してきますよ。

その動きだけでも、バスをバイトに導いてくれるのですが、このハードルアーの強みは、やはり水没カバーへ接触させたときに発生します。

スクエアな形状にデザインされたリップが、水没カバーに引っ掛からずに、ボディ全体を上方向へ瞬時に跳ね上げてくれるようになっていますよ。

根掛かりを抑えながら、カバーに付いているバスを効率よくその気にさせることができるでしょう。

遠投の利く重心移動システムも、アングラーの中で非常の評価が高まっていますね。

ハードルアーを駆使してバス釣りを楽しもう!

ハードルアーの特徴や、おすすめのアイテムをご紹介しましたが、参考になりましたか?

大きいルアーも小さいルアーも、どちらも有効なメリットを保持しています。

それをしっかりと理解して、使いこなせるようになることが、バス釣りを楽しむことにつながっていますよ。

さまざまなハードルアーをラインに結んで、気づきを繰り返しながら釣りスキルを上げていきましょう。

バス釣りの関連記事はこちら

ルアー」カテゴリの人気記事

DAILYランキング