ヘラブナのアップ写真

ヘラブナ釣りにチャレンジしたい!初心者におすすめのタックルをピックアップ

FISHING JAPAN 編集部

昔から人気の高いゲームフィッシングといえば、ウキ・仕掛け・餌・タナなどさまざまな要素にこだわってアプローチする、ヘラブナ釣りが挙げられるでしょう。

深緑に囲まれた池やダム湖・釣り堀などの釣り場で、ヘラ台を組んでじっくりと取り組むシーンを見たことがあります。

でも自分でやったことがあるかといえば・・ちょっと敷居の高いイメージがありますよね。

ここでは、ヘラブナ釣りの特徴や釣り方、おすすめのタックルをご紹介しましょう。

初心者の人が、ヘラブナ釣りをスタートする際に参考なしてくださいね。

ヘラブナ釣りとは

ヘラブナ釣りとは、ゲーム性の非常に高い、面白味のある釣り方のことです。

対象魚のヘラブナは、この釣りのために固有種に人が手を加えて品種を改良したものです。

「えっ、なんでそんなことをする必要があるの?」

通常のフナだと、掛かってからの引きが持続せず、アングラーを満足させなかったのでしょう。

琵琶湖に棲むゲンゴロウブナをベースにして、チヌやマダイのように体高のあるボディフォルムに変えたのです。

そんなことが人にチカラで出来てしまうことが驚きなのですが、過去にその品種改良が成功して、日本の淡水エリアに広げられていきました。

リザーバーと呼ばれるダム湖に浮かぶと、ヘラブナが大きな球のように集まって群れで回遊しているのをよく見かけます。

相当な数に増えているので、ヘラブナ釣りを好むアングラーにとっては釣りを楽しめる環境が充実していることになりますね。

リザーバー以外にも、池や管理釣り堀などでヘラブナ釣りをおこなうことができますよ。

初心者の人なら、管理釣り堀で竿を振るほうが、関連釣具の説明や釣り方のレクチャーも受けられるのでいいかもしれませんね。

ヘラブナ釣りの竿・ウキ・餌

ヘラブナ釣りは、リールを装着しない延べ竿を用いておこないます。

穂先に道糸を結んで、ウキと仕掛けをぶら下げれば完了。

オモリの重さを調節してウキを立たせ、あとは仕掛けに装着する餌の重みで、ウキを任意の位置まで沈めて立たせます。

ヘラウキと呼ばれる専用の細長いウキには、視認性の高い目盛りの役割をする配色が施されていますよ。

餌には粉を水で練った練り餌を使うので、それが水中に溶け出してどんどん姿を変えていきます。

餌が小さくなれば、その重みから解放されたウキが、徐々に浮き上がろうとしますよね。

配色された目盛りが、少しずつ水面に露わになっていく様子が、手に取るように分かります。

もしその動きが止まったら、餌に何か別のチカラが加わったと判断できますよね。

それがヘラブナのファーストタッチである確率は高いですから、アワセのタイミングを図るようにしましょう。

ウキがどうなったらアワセればいいのか、こればかりは経験です。

その日のシチュエーションによって、ころりと変わりますから、順応できるように何度もアワセてみましょう。

ゲーム性の高いヘラブナ釣り

ウキに変化があるのにヘラブナの食いが良くなければ、餌の配合や仕掛けを変えてみましょう。

この辺りから、俄然ゲーム性が高くなっていきます。

餌は練り餌なので、最初に作った際の水の配分を、手に水を付けて餌を触り直すことで切り換えていきます。

この作業のことを、手水を加えると呼びますが、これを繰り返しながらベストの粘り気を見つけ出してください。

餌の状態を変えることで、水中で崩壊=バラケていく状態も調整できます。

ハリを2つ付けた仕掛けに段差を付け、上に位置するハリにはバラケを促進した餌を付ければ、ヘラブナを寄せる効果が得られますよね。

両ダンゴ釣りやセット釣りなどのアプローチが主流で、そこに自分オリジナルのアプローチを加えてみてください。

ハリスの太さやハリの号数にも、こだわってみるとより一層ヘラブナ釣りが楽しくなるでしょう。

ヘラブナ釣りにおすすめのタックルはこちら

ヘラブナ釣りを始めるのにおすすめのタックルを取り上げましょう。

まずは竿から。

ダイワやシマノのカタログを見てみると、かなり高額なヘラブナ釣り用の延べ竿が掲載されていますよね。

最初からそういった価格帯の竿に手を伸ばす必要はありませんから、安心してください。

軽さは武器になりますし、手元感度も上がるのですが、そういった事柄を優先する前に会得しておきたいことが山ほどあります。

ダイワ(Daiwa) へら竿 陽舟 11 釣り竿

ダイワ(Daiwa) へら竿 陽舟 11 釣り竿

参考価格:¥9,512

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

ダイワからリリースされているベーシックなヘラブナ釣り竿です。

並継式で先調子、長さのバリエーションはかなり幅広いのですが、いきなり5メートルを超えるような長い竿には手を出さないでおきましょう。

片手で操作することを考慮して、60グラム前後の自重であれば楽に操れるはず。

それに合わせると、長さ12尺前後ということになりますね。

ヘラブナ釣り竿は、長さを尺で表示します。

10尺でちょうど3メートルと覚えておくと分かりやすいですよ。

当然道糸+仕掛けの長さも3メートル前後になりますから、自分が探れる範囲や水深の限界を知ってから釣りを始めることになります。

リール付きの竿でアプローチしてみたくなりましたか?

実はこの守備範囲限定状態も、ゲーム性を高めることに強く関わっています。

その条件の中でいかにヘラブナを釣り上げるか?という楽しみ方ですね。

そこをじゅうぶんにマスターすれば、竿の長さを変えるだけでまた新しい世界が待っています。

ヘラブナ釣りの深遠さの入り口に立った感じがしますよね。

シマノ(SHIMANO) ロッド かすみ 11

シマノ(SHIMANO) ロッド かすみ 11

参考価格:¥9,933

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

シマノから出ているヘラブナ釣り用の並継竿です。

実売価格が安いので、初心者の人におすすめですね。

釣り場や釣り方を問わず、オールラウンドに使ってみてください。

組み紐握りやマイクロまわリリアンを採用しているので、とても扱いやすいでしょう。

丁寧な仕上げにも好感が持てます。

11尺タイプは、長さ3.3メートルで自重75グラムと扱いやすいスペックに仕上がっています。

管理釣り堀などで使うには、丁度いいかもしれませんね。

ヘラブナ 浅ダナ 釣用 3本セット 全長15/17/19cm パイプトップ A13asami30 へら浮き ウキ

ヘラブナ 浅ダナ 釣用 3本セット 全長15/17/19cm パイプトップ A13asami30 へら浮き ウキ

参考価格:¥3,280

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

ヘラブナ釣り用のウキは、セットで長さの異なるものが販売されていますよ。

1本だけ購入するのではなく複数本持っておくことで、さまざまな釣り場やシチュエーションに対応できるでしょう。

自分が見やすいものを選んで使ってみる!で、最初はOKです。

釣り場での見え方は異なりますから、それに合わせて買い足していくのがいいかもしれませんね。

アタリが分かりやすい・分かりにくい!の判断は、個人によって違いが出ます。

時間をかけていろいろな種類のウキを試してみるのがいいでしょう。

OWNER(オーナー) 仕掛け へらセット 2本 改良スレ 3.6号 0.6号 3.6m R-514

OWNER(オーナー) 仕掛け へらセット 2本 改良スレ 3.6号 0.6号 3.6m R-514

参考価格:¥516

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

なんと、ヘラウキまで付いた仕掛けが販売されています。

これならカンタンに釣りを始めることができますよね。

竿の長さに合わせて道糸の長さを選んでおけば、釣り場に着いてすぐに始められるでしょう。

まずは慣れることから、そのうちに自分であれこれと試したくなっていきます。

ハリやハリスの号数や種類が気になるようになってきたら、ヘラブナ釣りが楽しくなってきた証しですね。

LINE SYSTEM(ラインシステム) クルージャン 野池道糸 C9010H  1号

LINE SYSTEM(ラインシステム) クルージャン 野池道糸 C9010H 1号

参考価格:¥770

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

視認性の高いナイロン素材の道糸です。

障害物の多い釣り場では、擦れに強いナイロンがおすすめ。

仕掛けを自分で作り上げるようになったら、当然道糸にもこだわってみてください。

野池と書いていても、釣り堀で使ってかまいませんからね。

多くの種類の道糸がリリースされているので、自分に合ったものを見つけるために色々試してみましょう。

マルキュー(MARUKYU) POWDER BAIT HERA(パウダーベイトヘラ)

マルキュー(MARUKYU) POWDER BAIT HERA(パウダーベイトヘラ)

参考価格:¥572

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

マルキューから発売中のヘラブナ釣り用練り餌です。

練り加減や餌付けの大きさによって、カッツケからチョーチン釣りまで幅広く対応できるようになっていますよ。

セット釣りのバラケ用にも使えるので、適応幅の広い餌といえるでしょう。

オールラウンドに使いたい人におすすめです。

ヘラブナ釣り用の練り餌は、かなり豊富にラインナップされていますから、自分で試してみるのがイチバンです。

ヘラブナ釣りをマスターして大型サイズを釣り上げよう!

ヘラブナ釣りの特徴やアブローチの仕方、おすすめのタックルをご紹介しましたが、いかがでしたか?

この他に玉網や玉の柄・竿受け・ヘラ台・傘など、まだまだ専用タックルが用意されています。

ロッドケースがないと、竿やウキを安全に釣り場まで持って行くことも難しいでしょう。

でもそれらを一気に購入するより、まずは管理釣り堀に出向いて、最小限のタックルで釣り堀スタッフのレクチャーを受けながら1匹釣り上げてみることをおすすめします。

そこからがスタート、じっくりと構えてヘラブナ釣りに相対してみてください。

ヘラブナの関連記事はこちら

釣り方」カテゴリの人気記事

DAILYランキング