ルアーのアップ写真

好評ビハドウ80&110に2020年追加カラーが登場!バス釣り用トップウォータールアー

FISHING JAPAN 編集部

ノリーズから発売中のトップウォータールアー・ビハドウに、2020年新しいカラーが追加されます。

ボディの前後に小さな金属製プロップを搭載し、それぞれの回転によって水面を切りながらアピールできますよ。

飛び散る水飛沫やプロップの反射、リトリーブによる引き波の発生が、バスを効率よく引き寄せる仕組みになっています。

ここでは、ノリーズのビハドウ80&110の特徴やカラー、実際に使ってみたインプレを詳しくご紹介しましょう。

ビハドウ80&110とは

ビハドウ80&110とは、ノリーズからリリースされているバス釣り用トップウォータールアーのことです。

細長いボディの前後に、金属製の小さなプロップが付いていますよ。

これがリトリーブによって水を受け、前後反対方向に回転する仕組みになっています。

同じ方向に回転しないので、直進を妨げてしまうことはありません。

またプロップのサイズが大変小さいので、1回転を完了するまでが早いのが特徴です。

これにより、短い移動距離でも回転数を稼ぐことができるので、バスに対するアピール度が向上しますよ。

カバーなどのピンポイントでバスを引き出したいときに重宝しそうですよね。

80サイズと110サイズの2種類

ビハドウには、80サイズと110サイズの2種類が用意されています。

釣り場のベイトフィッシュのサイズをチェックして、小さければ80を使ってみましょう。

バスがどこにいるか検討がつきにくい釣り場なら、遠投の利く110を選ぶことをおすすめします。

どちらもキャストしてリトリーブし続けるだけで、バスが面白いようにバイトしてきますよ。

時折止めて、トゥイッチやジャークを繰り出してもかまいませんが、そういう誘いをかけるアクションよりもステディリトリーブのほうが、効率よくバスを食い付かせることができるでしょう。

ビハドウの使い方

ビハドウの使い方は、水面に浮遊物が散らばっていないエリアを探すところから始めます。

落ち葉や藻の切れ端などが浮いていると、ビハドウのプロップに引っ掛かってしまい、うまく回転しなくなってしまいます。

ビハドウの唯一の泣きどころといえるでしょう。

河川のように流れのあるエリアなら、浮遊物の心配は要りませんし、ラインを張って定位置のままプロップを回転し続けることができます。

リザーバーの上流部、岩などが露出した流れのあるところで、ぜひ実践してみてください。

ビハドウの使い方を収めた動画はこちら

本場アメリカのバストーナメントに参戦している、伊藤巧プロによる解説です。

とても分かりやすくて実践してみたい気分になりますよね。

注目すべきは、フックを交換しているところ。

若干のウエイトアップに変更することにより、水面から水面直下へトレースゾーンを切り換えて使っていますよ。

そのほうがプロップによる水の攪拌効果が期待できますし、水を全身にまとうビハドウを作り出せます。

水に絡んでいるほうが、ベイトフィッシュらしいディスプレイスメントを発生させられるということでしょうか。

既存カラーモデルを使ってみた!実釣インプレをチェック

ビハドウの既存カラーモデルを、実際に使ってみたインプレをご紹介します。

まずはコンパクトサイズの、ビハドウ80から。

自重は10グラムもあるので、通常のベイトタックルでキャストできましたよ。

プロップが小さい分、空気抵抗なく伸びるようなキャストフィールになるのがいいですね。

ノリーズ(NORIES) プロップベイト ビハドウ 80 82mm 10g #136 9204

ノリーズ(NORIES) プロップベイト ビハドウ 80 82mm 10g #136 9204

最安値価格
¥1,870(amazon)

Amazonへ ¥1,870

楽天市場へ 取扱なし

Yahoo!へ 取扱なし

ビハドウ80は、まるでミノーやペンシルベイトのような使い方ができるイメージです。

コンパクトで軽いので、ライトアクション程度のベイトロッドにナイロンを巻いたベイトリールがベストマッチ。

カバーに接触させながら操作しても、引っ掛からずにスルスルと抜け出てきてくれますよ。

スポット的にカバーに囲まれたような水面でも、勇気を出してビハドウ80を投入してみましょう。

うまく着水できれば、ナイロンラインを手前のカバーに引っ掛けながら、何度も同じ水面を攪拌することができるでしょう。

短い移動距離でも回転するプロップが、こういうシチュエーションで効きますよ。

巻き取ってもう一度キャストするのではなく、時間をかけて一ヵ所を攻め続けるのに、とても適しているダブルスイッシャーといえるでしょう。

カバー攻めをした後は、ビハドウのプロップに浮遊物が絡まっていないか、しっかり確認するようにしてください。

でないと、次のキャストでプロップが回転できないかもしれませんよ。

ノリーズ(NORIES) プロップベイト ビハドウ 110 108mm 14g #219 12011

ノリーズ(NORIES) プロップベイト ビハドウ 110 108mm 14g #219 12011

最安値価格
¥1,675(amazon)

Amazonへ ¥1,675

楽天市場へ ¥1,782

Yahoo!へ ¥1,762

ビハドウ110は、自重14グラムと重めですから、より遠くまで飛距離を伸ばすことができます。

バスの居場所がつかめていない釣り前半に、サーチベイトとして活用するのに向いています。

また3つのトレブルフックが装備されているので、どの方向からバイトがあってもフッキングに持ち込みやすいのがメリットです。

ただし、フックとフックの間が離れているので、口にうまく掛かったつもりでもランディングしてみると眼球やエラを傷つけてしまっていることがあります。

バイトがあればあまりジャンプさせずに、素早くランディングネットですくい上げるようにしたいですね。

3つのトレブルフックは、我々アングラーの指も危険に晒します、

じゅうぶんに注意して、バスからフックを外すようにしましょう。

ビハドウ追加カラーの気になる発売日はいつ?

ビハドウの追加カラーは、2020年の5月に発売予定です。

追加カラーは、以下の通り。

●ホログラムアユ

●ナチュラルゴールド ※80のみ

●クリスタルオーロラゴースト

●レイヤードホロオイカワ

●ガンメタブルーシャッド

●リフレクトライトアユ

実際に手に取ってみて、カラーローテーションの一角に選んでみたいですね。

ルアーの関連記事はこちら

ルアー」カテゴリの人気記事

DAILYランキング