ルアーのアップ写真

人気のメガポンパドールに2020年追加カラーが登場!巨大ウイングのトップウォータールアー

FISHING JAPAN 編集部

トップウォータールアーにバスが積極的に反応する季節になってきました。

ジャッカルの人気アイテム・メガポンパドールは、巨大なウイングを左右に2枚搭載した、いわゆる羽根モノルアーです。

遠投が利きますし、何より水面バシャバシャ!の攪拌効果がスゴイ!

ボリュームも結構大きいので、通り過ぎていくだけで振り返ってしまうバスは多いでしょう。

そのメガポンパドールに、2020年新しいカラーが追加されます。

気になる詳しい使い方、既存カラーの実釣インプレをご紹介しましょう。

メガポンパドールとは

メガポンパドールとは、ルアーメーカー・ジャッカルからリリースされている、トップウォータールアーのことです。

全長120ミリと大き目で、自重はなんと57グラムもあります。

一般的なバス釣り用ルアーが、1/2オンス=14グラム前後ですから、その約4倍ものウエイトを保持していることに。

これならビックベイトと同じような、集魚効果が得られそうですよね。

大きなサイズのルアーは、バスに見切られやすいといいますが、実は一概にそうとは言い切れません。

キャストした際に水面を叩いてしまうような、大きな水柱を昇らせてしまうような着水をしてしまうから、バスに見切られるのでしょう。

大きくて重いルアーほど、丁寧で優しく静かな着水音に抑えることが、釣果につながります。

オーバーヘッドキャストで山なりに投げるのではなく、サイドハンドキャストで水面ギリギリに投げて、しっかりサミングをかけながら着水させましょう。

「トップウォータールアーってオーバーヘッドで投げるんじゃないの?」

いいえ、それは何の根拠もない昔の言い伝えのようなもの。

信じている人はいるようですが、バスを釣りたければ投げ比べれば分かること。

釣り人を自負するなら、魚に近づく工夫と判断を実践したいものです。

巨大なウイングに注目!

ジャッカルのメガポンパドールには、左右に巨大なウイングが付いています。

キャストの際は折りたたまれているのですが、着水してリトリーブを始めると、左右に大きく翼を開くように可変しますよ。

ウイングの内側に正面から水を受けるので、まるでクロール泳ぎをしているかのように、ボディを左右に、そしてロールアクションも加えながら泳ぎ始めます。

その際に発生する波、そして水飛沫。

金属製のパーツ同士が接触し合う干渉音が相まって、独特のアトラクターを生み出す仕組みに作られています。

回転するプロップの役割

メガポンパドールの最後尾には、回転するプロップが装着されています。

ボディ前半部分で発生した複雑で大きな波を、このプロップが器用に裁断していきますよ。

波がそこで新しく生まれ変わるかのように、細かく分かれていく様子は、水に落ちた昆虫がもがいているかのよう。

それがこのルアー独自の生命感を生み、バスの捕食スイッチをオンにするのでしょう。

実際にメガポンパドールで釣りをしているシーンを収めた動画がありますので、じっくりご覧ください。

メガポンパドールでバスを釣っているシーンを収めた動画はこちら

既存カラーモデルを使ってみた!実釣インプレをチェック

それでは、メガポンパドールの既存カラーを使ってみたインプレをご紹介しましょう。

使用タックルは、シマノ・エクスプライドの176H+SBにバンタムMGLのPGモデルを載せたもの。

ラインは、16ポンドのナイロンラインを選んでみました。

バイトの瞬間が目視できますし、衝撃を少しでも吸収したいという判断で、ナイロンにしたのです。

JACKALL(ジャッカル) ルアー メガポンパドール ヴィビッドボーン.

JACKALL(ジャッカル) ルアー メガポンパドール ヴィビッドボーン.

参考価格:¥3,663

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

とにかくこのカラーがとても派手で、釣り場でもよく目立つだろうという予測がついたので、真っ先にラインに結んでみました。

自重57グラムは、さほど重くは感じません。

ロッドにじゅうぶんなパワーがあるからかもしれませんが、キャストの際に振り抜きにくさはなかったですね。

1投めの着水は失敗、水柱が豪快に発生してしまいました。

これではバスの食い気を削いでしまうので、ロングキャストするのではなく、7メートルほどの近場のポイントへ、サイドハンドキャストで放り込んでいくことに。

岸際から草が垂れ下がっているので、それに当てて引っ掛けては振り落とすことを20分ほど続けていると、バシュッ!と控えめなバイト。

上がってきたのは、32センチの痩せたバスでした。

上アゴとエラの近くにフックが刺さっていて、カンタンには抜けそうにありません。

セルフでこれだけ貫通すればじゅうぶんでしょう。

JACKALL(ジャッカル) ルアー メガポンパドール ウシガエール.

JACKALL(ジャッカル) ルアー メガポンパドール ウシガエール.

参考価格:¥4,410

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

ネーミングがジャッカルらしいですよね。

地味な保護色系なので、キャスト数を増やしてもバイトが枯れませんが、派手系カラーよりも後追いバイトが弱い気がします。

そこに潜んでいれば食う!みたいな感じでしょうか。

ワームをカバーにキャストしているのと、よく似た感覚になってしまいます。

丁寧なキャストを徹底するほど、その感覚は強くなりますね。

それからロングキャストを試みた際、あまりに遠くへ着水させると、背中のカラーが目立たないので止めたら見失うケースも。

チャートやピンクカラーのシールを貼っておくと、視認性は高まるでしょう。

気になるメガポンパドールの販売価格は?

ジャッカル・メガポンパドールのメーカー希望販売価格は、3,700円です。

派手系と保護色系のカラーをうまく使い分けながら、高活性なバスを水面まで引き出してください。

釣るコツは、前述の静かな着水音。

これを実践するためのキャストフォームとサミングスキルを向上させる必要があります。

自分に足りないスキルを常に意識して抽出し、それを修正していく努力は、どんなアングラーにも求められるでしょう。

メガポンパドールなら、その修練に役立つに違いありません。

ジャッカルの関連記事はこちら

ジャッカル」カテゴリの人気記事

DAILYランキング