ルアーのアップ写真

サムライ メタルバイブは2020年新発売のショア回遊魚をターゲットにした鉄板バイブレーション!

FISHING JAPAN 編集部

サムライ メタルバイブは、2020年ダイワから新発売となる鉄板バイブレーションです。

ショアジギングなどで対象魚にしている、ショア回遊魚をターゲットにして作られていますよ。

例えば、タチウオ・シーバス・ヒラメ・マゴチ・サバ・カツオ・ハマチなどを、効率よく獲っていくのに適しています。

ここでは、サムライ メタルバイブの特徴を詳しくご紹介しましょう。

サムライ メタルバイブとは

サムライ メタルバイブとは、ショアから迎撃可能な回遊魚を釣るための、鉄板バイブレーションです。

サイズ設定は4種類、10グラム48ミリ・15グラム54ミリ・20グラム60ミリ・25グラム70ミリの中から、釣り場のシチュエーションに合わせて選んでみてください。

風の強い日には重めを、捕食対象が小さい魚なら軽めをラインに結んで、キャストをスタートさせましょう。

その反応を見て、サイズローテーションやカラーローテーションを丁寧に仕掛けてください。

バイトはリトリーブ時とフォール時に集中しますから、注意しながら操作しましょう。

サムライ メタルバイブの頭部に設置されたセンサープレート

このバイブレーションの頭の部分に注目しましょう。

正面アゴ部分に、なにやら突起物がありますよね。

これはセンサープレートで、ボトムやカバーなどに接触した際、手元にしっかり伝える役割を果たしてくれます。

またヘッド本体が衝撃で壊れたり塗装が剥げてしまうのを防ぐ、バンパーの役割も担っていますよ。

センターバランス設計による水平姿勢フォールが効く!

サムライ メタルバイブは、センターバランス設計に仕上げられています。

いわゆる水平姿勢でフォールしていくので、フックにラインが絡むエビ状態=テーリングになることを抑えてくれますよ。

また水平姿勢なのでバイトを受ける確率が高くなり、数釣りを楽しむことができるでしょう。

既存モデルと比較してみた!発売日や価格もチェック

ダイワの鉄板バイブレーションといえば、モアザンシリーズのリアルスティールTGが挙げられるでしょう。

実際に手に取ってみると、かなりコンパクト。

でもタングステン仕様だけあって、ずっしりと重いですよ。

遠投も決まりますし、流れのあるエリアでも深い層へ送り込みやすい印象です。

しっかりと全層攻めたいときに、ローテーションの一角に入れたくなる鉄板バイブレーションですね。

ダイワ(Daiwa) バイブレーション シーバス モアザン リアルスティール TG30 SG コットンキャンディ ルアー

ダイワ(Daiwa) バイブレーション シーバス モアザン リアルスティール TG30 SG コットンキャンディ ルアー

Amazonへ 売り切れ

サムライ メタルバイブの気になる発売日は、2020年の5月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、680円から740円です。

サバやカツオが回ってきた!という情報をゲットしたら、いち早くこのバイブレーションを持って釣り場へ出かけたいですね。

タチウオが来た場合は、お腹がグロー塗装で光るタイプを活用してください。

バイブレーションの関連記事はこちら

ショアジギング」カテゴリの人気記事

DAILYランキング