ダイワの新型ベイトリールのアップ写真

アルファスAIR TWは2020年新発売の強靭アルミボディを採用したベイトフィネスリール!

FISHING JAPAN 編集部

アルファスAIR TWは、2020年ダイワからリリースされるベイトリールです。

ベイトフィネスのアプローチに対応するため、専用の浅溝スプール・28ミリ径のAIRスプールを搭載していますよ。

しかもボディ素材には、強靭で剛性の高いアルミを採用。

一気にアングラーの注目度が高まるのは、間違いなさそうですね。

ここでは、ダイワ・アルファスAIR TWの詳しい特徴をご紹介しましょう。

アルファスAIR TWとは

アルファスAIR TWとは、ダイワから新発売とになるベイトフィネスリールです。

ギア比8.6対1のエクストラハイギア仕様で、左右巻きハンドルが設定されています。

ノーマルギアもハイギアも設定がないというのは、なかなか大胆ですね。

人気の高いギア比のみで、じゅうぶん満足度が得られるということでしょうか。

自重は、160グラムとかなり軽量に仕上がっていますよ。

アルファスAIR TWのボディにはアルミを採用

このベイトリールには、アルミボディが採用されています。

強靭な素材ですから、バス釣りはもちろん、ロックフィッシュゲームやアジング・メバリング、渓流のミノーゲームなどでも活用できるでしょう。

ライトリグをベイトタックルでキャスト可能になれば、ヘビーカバー周りで釣れる確率がアップしますし、魚とのやり取りも優位に運べますよね。

直径28ミリのAIRスプールを搭載

アルファスAIR TWのスプールに注目してください。

直径28ミリのAIRスプールを搭載しています。

これならかなり軽量なリグやルアーでも、キャストすることができるでしょう。

しかもアルファスシリーズでは、初のTWS搭載機となりますから、バックラッシュトラブルとは無縁の釣りが楽しめそうですね。

アルファスAIR TWのデモンストレーション動画はこちら

既存モデルと比較してみた!発売日や価格もチェック

ダイワからすでに発売されているアルファスシリーズ・アルファスAIRと比べてみました。

既存モデルのギア比は、5.8対1ですから、巻物系を操るのに向いています。

ブレーキシステムとの相性もいいので、使ってみてライントラブルが多かったという印象はありません。

5グラムもルアーにウエイトがあれば、どれだけラインが出ていくの?というくらい飛距離が伸びますね。

ダイワ(Daiwa) ベイトリール アルファス エア 5.8R

ダイワ(Daiwa) ベイトリール アルファス エア 5.8R

参考価格:¥27,711

Amazonへ

アルファスAIR TWの気になる発売日は、2020年の5月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、42,800円です。

アルミボディとTWS、それに直径28ミリのAIRスプールの組み合わせは、さまざまな釣りを一層楽しくしてくれるに違いありません。

スピニングタックルよりも太いラインが使えますから、積極的にカバー周りを攻める釣りを実践したいですね。

ダイワの関連記事はこちら

ベイトリール」カテゴリの人気記事

DAILYランキング