バスエネミーのアップ写真

バスエネミーを使ってみた!エバーグリーンの人気ワームを実釣インプレチェック

FISHING JAPAN 編集部

高比重のノーシンカーリグに適したワームを探しているなら、エバーグリーンのバスエネミーは外せません。

水平姿勢でフォールしながら、テールの揺らめきでバスにアピール。

制動が利くので、短い移動距離の中でしっかりバイトに持ち込めますよ。

ここでは、バスエネミーの特徴や実釣インプレ、おすすめカラーをご紹介しましょう。

バスエネミーとは

バスエネミーとは、人気ブランド・エバーグリーンからリリースされている、バス釣り専用ワームです。

細長いフォルムなのでスティックベイトにカテゴライズされますが、テールのデザインを見る限りではカーリーテール系グラブにも見えますよね。

使ってみると、カーリーテールのテロテロしたアクションを優先して作られているイメージよりも、水平フォールさせた際の安定感、そして上から下へ向かって落ちながらしっかりアクションするテールデザインが気になります。

このテール、進行方向に対して引っ掛かるデザインでもあるので、制動が利きやすい原因にもなっていますよ。

ノーシンカーリグにベストマッチなバスエネミー

バスエネミーにオフセットフックを装着して、ノーシンカーリグにセットアップした写真です。

お腹側にも背中側にもボディに沿ったスリットが刻まれているので、フックを真っ直ぐ取り付けることができますよ。

それがキールの役割を果たし、安定したスイミングを作り出してくれます。

またお腹部分が全体的にフラットになっているので、水平フォールの際に水がしっかり当たります。

当然左右のどちらかへ水が逃げようとしますから、ボディがロールアクションしやすくなるのです。

よく考えられたデザインで、製作担当の試行錯誤がじゅうぶんに盛り込まれていますよね。

意外と軟らかいマテリアル

バスエネミーは、高比重ワームにありがちな硬さがあまり感じられません。

実際に手にしてみると、結構軟らかく作られていますよ。

これにより、水中でのアクションは派手目で、ダートや急制動による首振りもカンタンにおこなえるようになっています。

なかなか難しいマテリアル調整だと思うのですが、製品化の段階で徹底して作り込んだのでしょう。

既存のスティックベイトと比べても、とても操作性に富んでいますよ。

2.9インチタイプは重さが軽めの設定なので、スピニングタックルで操るのがおすすめ。

3.5インチと4.5インチタイプは、ベイトタックルでキャストできるでしょう。

ノーシンカーリグの他に、テキサスリグやフリーリグにしてアプローチしてみてください。

バスエネミーを使った実釣シーンを収めた動画はこちら

おすすめのバスエネミーのカラーをピックアップ

それではバスエネミーの実釣インプレや、おすすめカラーを取り上げてみましょう。

スピニングタックルには、6.7フィートのライトアクションロッドと2500番台のリールに、4ポンドのフロロカーボンラインを巻いて実釣に臨みました。

ベイトタックルは、6フィートのライトアクションロッドにハイギアのベイトロッド、12ポンドのフロロカーボンロッドを使いましたよ。

エバーグリーン バスエネミー 2.9inch EVER GREEN BASSENEMY 73 ヌマエビ 2.9inch

エバーグリーン バスエネミー 2.9inch EVER GREEN BASSENEMY 73 ヌマエビ 2.9inch

参考価格:¥748

Amazonへ

Yahoo!ショッピングへ

まずおすすめするのが、2.9インチタイプのヌマエビカラーです。

特にクリアーウォーターエリアのウィード絡みでは、まさにエビそっくりのアプローチを実践できますよ。

ノーシンカーリグにセットして、テールをウィードに引っ掛けては外しながら、エビの逃走アクションを演じてみてください。

スーッとバスが寄って来て、下方から突き上げるようなひったくりバイトで持ち去るはずです。

見切られてターンするケースも、極めて少ないのが嬉しいですね。

エバーグリーン(EVERGREEN) ワーム バスエネミー3.5インチ #01 グリーンパンプキン・BK.

エバーグリーン(EVERGREEN) ワーム バスエネミー3.5インチ #01 グリーンパンプキン・BK.

参考価格:¥748

Amazonへ

Yahoo!ショッピングへ

定番のグリパンBKカラーを纏った、3.5インチタイプのバスエネミーです。

このサイズになると、ベイトタックルでじゅうぶんキャストできるようになりますよ。

着水してスローに落とし込みながら、ボトム周辺に散らばっている木の枝や岩などに、バスエネミーを引っ掛けては外すのを繰り返しましょう。

プルンと外れてから着底するまで、ロッドティップをラインの引きに合わせて倒しながら、アタリが出るのを待ってください。

たるんでいたラインが、一瞬ピンッと張り詰めるので、そのタイミングでフッキング動作に入りましょう。

ラインが走り出すまで待ってみるのもアリですが、バスエネミーがバスのノドの奥深くへ飲み込まれてしまうかもしれませんよ。

エバーグリーン(EVERGREEN) ワーム バスエネミー 4.5インチ グリ-ンパンプキン・ブルー #33 ルアー

エバーグリーン(EVERGREEN) ワーム バスエネミー 4.5インチ グリ-ンパンプキン・ブルー #33 ルアー

参考価格:¥748

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

こちらはグリパンカラーにブルーのラメが入った、4.5インチサイズです。

ブルーは、ボトム付近の深場に至っても、バスが視認しやすい特徴を持っています。

いつまでも見えるということは、ロックオンすれば外れにくいことにつながりますよ。

全身をブルーに配色してしまう方法もあるのですが、それでは刺激が強過ぎるシチュエーションもあるでしょうから、ラメ程度の刺激に抑えておくほうが、より効果的なのかもしれません。

実際に使ってみると、驚くほどバイトが連発します。

しかも表層からボトムまで、苦手な層が全くないイメージで使い続けることができますよ。

最も重さがあるタイプですから遠投もできますし、ボリュームが大きい分ビッグバスがバイトしてくる確率も上がるでしょう。

やや硬めのベイトロッドを使えるのも、ヘビーカバー攻略時には有効といえますよね。

バスエネミーを使いこなしてビッグバスを釣り上げよう!

バスエネミーの特徴やインプレ、おすすめのカラーを特集しましたが、いかがでしたか?

カバーに引っ掛かってロストしてしまうことが多い人には、ノーシンカーリグをおすすめします。

しかもスリムな形状の高比重ワーム・バスエネミーなら、引っ掛かりトラブルは一層抑えられるでしょう。

自然とキャストの数は増え、釣れるバスの数も上がります。

そこにビッグバスが混じってくる確率も、アップしていくのは間違いないでしょう。

エバーグリーンの関連記事はこちら

ワーム」カテゴリの人気記事

エバーグリーン」カテゴリの人気記事

DAILYランキング