新しいジャッカルのミノーのアップ写真

RVミノーは2020年新発売のダートのキレが凄いバス釣り用ミノー!

FISHING JAPAN 編集部

RVミノーは、2020年ジャッカルからリリースされる、バス釣り専用のミノーです。

ショートビルにしてはやや長め、体高のあるボディデザインに3つのトレブルフックが装備されていますよ。

いわゆるラトリンログに代表されるような、ジャークベイトの雰囲気を醸している気がしますが、詳細スペックをチェックしてみましょう。

RVミノーとは

RVミノーとは、3連フックタイプのサスペンドミノーです。

ボディサイズは、全長110ミリで自重16.3グラム。

浮きも沈みもしないで、同じ層でピタリと止まるセッティングが施されています。

ということは、ロッドワークを加えて潜らせてから、キルを入れつつバスを誘うように仕上げられているわけです。

RVミノーの実釣シーンを収めている動画はこちら

RVミノーの使い方

このミノーは、広範囲に散っているバスを、活性の高い順に獲っていくのに適しています。

マグネット式の重心移動システムが内蔵されているので、しっかりと飛距離を稼いで数多くのバスの目の前を通すことができるでしょう。

磁力でウエイトを固定することでアクションにキレを生み、キャスト時の安定姿勢も作り出すことに成功しています。

3つのトレブルフックを標準装備

RVミノーには、3つのトレブルフックが装備されています。

3つあれば、どの方向からバイトがあってもフッキングに持ち込める確率が上がりますよね。

ダートにキレがあるということは、追従してくるバスの目の前で、急に横を向くこともあるはず。

その際にバスは、ルアーの頭部の向きを意識して、次の動作に入っても追いつけるように間合いを詰めてくる傾向があります。

そのまま頭部に噛み付くか、少しズレて2番めのフック辺りを噛んでしまうか。

どちらにしてもフック同士が近い位置にぶら下がっているほうが、口の中に吸い込んでもらいやすいでしょう。

ジャッカルの既存モデル・リレンジと比較してみた!発売日や価格もチェック

ジャッカルからすでに発売されているショートリップのミノーといえば、リレンジです。

実際に使ってみると、よく飛びよくダートしてくれました。

やや風に弱い点が気になりましたが、RVミノーと同じ110ミリですから、低い弾道でキャストすれば対処できます。

重心移動システムもよく効いていて、タングステンウエイトのカキーン!と鳴り響く音が個性的です。

JACKALL(ジャッカル) ミノー リレンジ SP 110mm 14.8g ハーフミラーワカサギ ルアー

JACKALL(ジャッカル) ミノー リレンジ SP 110mm 14.8g ハーフミラーワカサギ ルアー

参考価格:¥1,729

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

RVミノーの気になる発売日は、2020年の4月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、1,900円です。

春から夏にかけてのスポーニングバスを、シャローエリアで効率よく獲っていくのに便利でしょう。

ショートレングスのベイトロッドで操ってみたいてですね。

ミノーの関連記事はこちら

バス釣り」カテゴリの人気記事

ルアー」カテゴリの人気記事

ジャッカル」カテゴリの人気記事

DAILYランキング