よく曲がる新しいタイラバロッドのアップ写真

ビンビンスティックVCMが2020年にフルモデルチェンジ!仕舞130センチで携行に便利

FISHING JAPAN 編集部

ジャッカルからリリースされているタイラバ専用ロッド・ビンビンスティックVCMが、2020年フルモデルチェンジします。

流行りのタイラバゲームを楽しむために、全体的に美しい弧を描く仕上がりは、既存モデルからファンが多かったですよね。

低弾性グラスコンポジットを採用したブランクや、仕舞寸法130センチに統一した携行性の良さなど、注目すべきスペックを詳しくピックアップしてみましょう。

メーカーのフィールドスタッフが、丁寧に解説している動画も観てください。

ビンビンスティックVCMとは

ビンビンスティックVCMとは、ジャッカルが製作・販売しているタイラバ専用ロッドです。

設定機種は3種類、扱いやすい長さやパワー別にラインナップされていますよ。

全て低弾性のグラスコンポジットが施されたブランクで、しなやかさとトルク感がしっかり同居しています。

実際にフィッシングショーで確認したイメージは、軽くてブレず操作性が高まっているという感じでしょうか。

ビンビンスティックVCMのデモンストレーション動画はこちら

ビンビンスティックVCMは携行性の高い仕舞寸法130センチの2ピース構造

シマノのロッドから広がりを見せ始めた、携行性の高い仕舞寸法130センチの2ピース構造が、このロッドにも採用されています。

航空機はもちろん、バスや新幹線・電車などに乗って釣り場まで移動する際に、この収納サイズはとても便利。

1ピース構造やグリップ着脱2ピースロッドと比べても、使用感に遜色のない感じが伝わってきますよ。

ロッドティップのガイドスレッドにオレンジカラーのマーキング

ビンビンスティックVCMのロッドティップを見てください。

各ガイドスレッドには、オレンジカラーのマーキングが施されていますよ。

これなら微細なアタリや、ボトムの変化など拾ったときにも視認しやすいでしょう。

特にドテラ流し釣法などで、ラインが多めに放出されている状態でも、しっかりと変化をとらえられるはずです。

既存モデルと比較してみた!発売日や価格もチェック

ジャッカルからすでにリリースされているアイテムを使ってみました。

カヤックからの使用だったので、ロッドの長さが短いのが、取り回しが良くて大きなメリットになりましたよ。

マダイ以外にヒラメや青物が掛かることもありますが、よくしなって主導権を奪われることを防いでくれます。

JACKALL(ジャッカル) BIN-BIN STICK VCM BSC-511M-VCM.

JACKALL(ジャッカル) BIN-BIN STICK VCM BSC-511M-VCM.

参考価格:¥27,274

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

ビンビンスティックVCMの気になる発売は、2020年の3月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、26,000円~27,000円です。

まだタイラバゲームをやったことのない初心者の人にも、とても扱いやすいロッドに仕上がっていますから、ぜひ釣具店店頭で手にしてみてはいかがでしょう。

タイラバの関連記事はこちら

タイラバ」カテゴリの人気記事

ロッド」カテゴリの人気記事

ジャッカル」カテゴリの人気記事

DAILYランキング