新しいカラーの野良ガエル

野良ガエルのカラーが2020年に一新!水面を泳ぐカエルそっくりのフローティングルアー

FISHING JAPAN 編集部

ティムコからリリースされているバス釣り用ルアー・野良ガエルのカラーが、2020年一新されます。

カエルは、バスやナマズ・雷魚の大好物ですから、そっくりなフォルムの野良ガエルをキャストすれば、カンタンにバイトを誘うことができますよ。

ボディには、浮力のあるちぎれにくい素材を使っているので、マスバリをちょん掛けしてカバーのそばに放り込むだけ。

あとはスイスイ泳がせれば、黒い影が真下に張り付いて・・・パクリ!です。

詳しいスペックや動画、使用インプレをピックアップしてみました。

野良ガエルとは

野良ガエルは、カエルの形そっくりの軟質系トップウォータールアーです。

全長3.2センチで自重3.3グラムですから、スピニングタックルならカンタンにキャストすることかできます。

流行りのベイトフィネスタックルでも何とかなりそうですが、無理は禁物でしょう。

よく伸びるちぎれにくい素材で出来ていて、パッケージには3個入っていますから、バスに持って行かれなければ一日の釣りならじゅうぶん足りるでしょう。

野良ガエルは水面に浮き上がるトップウォータールアー

このルアーは、軟らかいですがワームではありません。

水面に浮き上がる素材で出来ている、れっきとしたトップウォータールアーです。

ボディがクッションの役割を果たしてくれるので、陸の上に落としてから水面へ飛び込むことができます。

まさにそれ、カエルの動きですよね。

バスはそういう自然な動線を観察していますから、ぜひ陸からダイブ!をこのルアーで試してみてください。

マスバリを装着してキャストしよう!

野良ガエルには、マスバリをセットして使います。

オフセットフックではボディが短過ぎて、ハリ先を埋めることが難しいでしょう。

口先でも背中でもかまいませんから、任意の場所にフックを刺してからキャストしてください。

フッキングは強くなくてもOK、バスがくわえて泳ぎ出してから、ロッドを逆方向に倒しながら巻きあわせをしてみましょう。

野良ガエルのデモンストレーション動画はこちら

既存カラーモデルを使ってみた!追加カラーの発売日や価格もチェック

野良ガエルの既存カラー・サイトスペシャルを使ってみました。

ヒシモが生え揃っているベシテーションの端、そこでヒシモが終わりというポイントで、藻に引っ掛けては外しを繰り返していると、バスがいきなり飛び出してきて、ルアーをひったくっていきました。

カエルも同じような襲われ方をするのでしょうか、あがってきたのは30センチ前半の細長いバス。

ルアーのサイズが小さいので、釣れるバスのサイズも大小さまざまです。

裏向きに浮いてしまうことがあったので、マスバリの取り付け位置を変えました。

ティムコ(TIEMCO) ワーム クリッタータックル 野良ガエル 3.2cm 3.3g サイトスペシャル #19 ルアー

ティムコ(TIEMCO) ワーム クリッタータックル 野良ガエル 3.2cm 3.3g サイトスペシャル #19 ルアー

最安値価格
¥620(Yahoo!)

Amazonへ 売り切れ

楽天市場へ ¥1,034

Yahoo!へ ¥620

野良ガエル新色の気になる発売日は、2020年の3月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、940円です。

カエルが冬眠から覚めたころに、野良ガエルの新色を試せるでしょう。

ちなみに、本物のカエルも野良ガエルに噛み付いてきますから注意してくださいね!

カエルの関連記事はこちら

バス釣り」カテゴリの人気記事

DAILYランキング