フローティング仕様の新しいステルスペッパー

ステルスペッパー70Fは2020年新発売の水面に浮くダブルスイッシャー!

FISHING JAPAN 編集部

ステルスペッパー70Fは、バス釣り用に作られたフローティング仕様のダブルスイッシャーです。

もっとボリュームのあるダブルスイッシャーは、ヘドンや他メーカーで見たことがありますが、このコンパクトさでフローティングは珍しいですよね。

ティムコの既存モデルで同サイズのものは、シンキング仕様でリリースされていました。

待望の浮き上がるモデルですから、活用方法は大きく広がるでしょう。

その詳しいスペックをご紹介しましょう。

ステルスペッパー70Fとは

ステルスペッパー70Fは、バス釣り用に作られた、細身・軽量なダブルスイッシャーです。

全長70ミリで自重4グラム。

スピニングタックルでのキャストになりそうですが、高性能なロッドとリールを使えば、ベイトフィネスタックルでも操れそうですよね。

そのほうが太いラインを使えるので、カバー周りを攻める際に重宝するでしょう。

ステルスペッパー70Fには2枚の金属製回転プロップが標準装備

このスイッシャーには、2枚の金属製プロップが前後にヒートンを通して装着されています。

ヒネリが前後で逆ですから、完全な逆回転状態で水面を移動することになります。

波や風を少し受けるだけで、前後の回転数に差が生まれ、ターンしかけようとするのですが、また元の直進姿勢に戻るというアクションを、繰り返し発生させることになります。

これが独特の生命感を溢れさせ、バスをバイトに持ち込むのです。

キャロステルスとは

ステルスペッパー70Fを結んだラインの先にオモリを付けると、キャロライナリグになりますよね。

これをキャロステルスと呼び、池や湖の底や中層を泳がせて、バスを直撃することが可能です。

フローティングですから浮かび上がろうとしますが、それを横方向への移動ベクトルで無理やり消しにかかるわけです。

浮きたいのに浮けない!というムズガユイアクションを、意図的に発生させることができますよ。

既存モデルと比較してみた!発売日や価格もチェック

ティムコからすでにリリースされている、シンキング仕様のステルスペッパーを使ってみました。

キャストは、ベイトタックルでじゅうぶん飛ばせますし、ベイトフィネスタックルに切り換えると、もっと飛距離が伸びます。

着水後ゆっくりフォールするので、早くリトリーブすればカンタンに水面まで浮上してきますよ。

バスは、2~3匹ぐらいが束になって追いかけてくる感じで、お腹のフックよりも最後尾のフックを噛むケースが多いのが特徴です。

ティムコ(TIEMCO) プロップベイト ステルスペッパー70S 70mm 5g オーロラFワカサギ #406 STP70 ルアー

ティムコ(TIEMCO) プロップベイト ステルスペッパー70S 70mm 5g オーロラFワカサギ #406 STP70 ルアー

最安値価格
¥1,700(Yahoo!)

Amazonへ ¥1,937

楽天市場へ ¥2,506

Yahoo!へ ¥1,700

ステルスペッパー70Fは、2020年の4月に発売予定です。

メーカー希望販売価格は、1,780円です。

キャロステルス釣法を駆使しながら、水面にもバスを引き寄せられるようになりたいですね!

ティムコの関連記事はこちら

ルアー」カテゴリの人気記事

ティムコ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング