野良ネズミシリーズの新サイズ

野良ネズミ ウルトラは2020年新発売のエラストマー素材を採用したトップウォータールアー!

FISHING JAPAN 編集部

野良ネズミ ウルトラは、2020年ティムコから新発売となるトップウォータールアーです。

ボディ素材に使っているのは、つまむと軟らかいエラストマー素材。

これはワームのようにカンタンにちぎれてしまう弱さはなく、しかも浮力が強くて水面に浮きます。

その能力を利用して、ひと口サイズの水面攻略ルアーに仕上げてしまったのです。

どんなスペックが秘められているのか、詳しくチェックしてみましょう。

野良ネズミ ウルトラとは

野良ネズミ ウルトラとは、バス釣り用に作られたトップウォータールアーです。

サイズ設定は、全長100ミリ。

そんなに大きく見えないのは、ボディ本体がその半分くらいで、シッポの先端までで100ミリあるということでしょう。

ウエイトは、約6グラム。

6グラムもあれば、スピニングタックルなら相当な飛距離を飛ばすことができますし、ベイトフィネスタックルなら、さまざまなカバーを直撃することが可能でしょう。

野良ネズミ ウルトラの素材はエラストマー

このルアーの素材には、ワーム素材ではなくエラストマー素材が使われています。

つまむと軟らかく、引っ張ってもなかなかちぎれません。

そこにオフセットフックの2/0番程度を設置すれば、濃いカバーでもへっちゃらのトップウォータールアーが出来上がるわけです。

フックのベント部分にトレブルフックをぶら下げても、面白いかもしれませんね。

バスや雷魚・ナマズにも効果的

野良ネズミ ウルトラは、水面に浮くことができるので、首振りアクションも得意としています。

既存モデルの間を埋めるサイズですから、多くのユーザーが待ち望んでいたかもしれませんね。

バスはもちろん、カバーに潜んでいる雷魚やナマズにも効果的です。

あらゆる淡水エリアで、キャストしてみたいルアーですね。

フッキングが決まりにくい場合は、オフセットフックのゲイブ幅を広く取ったタイプをセットしてみましょう。

フッキングのタイミングをわざと遅らせるのも有効ですよ。

既存モデルと比較してみた!発売日や価格もチェック

ティムコからすでに発売されている、野良ネズミマグナムを使ってみました。

全長125ミリとかなり大きく、自重も10グラムあります。

通常のベイトタックルでキャストできますが、バスのバイトがあっても小型なら弾いてしまうことがたびたび発生。

せっかくトップに出たのだから、確実にフッキングに持ち込みたいですよね。

ティムコ(TIEMCO) ルアー CTノラネズミマグナム #12 タフコンディションSP

ティムコ(TIEMCO) ルアー CTノラネズミマグナム #12 タフコンディションSP

最安値価格
¥930(楽天市場)

Amazonへ ¥1,439

楽天市場へ ¥930

Yahoo!へ ¥930

野良ネズミ ウルトラの気になる発売日は、2020年の3月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、940円で1パッケージに3個入っていますよ。

これなら大胆に攻めることができますから、スキッピングやドッグウォークの練習も併せておこなうようにしたいですね。

ティムコの関連記事はこちら

ルアー」カテゴリの人気記事

DAILYランキング