新しい3連ジョイントのペンシルベイト

モアザン スラップヒッターは2020年新発売のシーバスゲーム攻略のためのペンシルベイト!

FISHING JAPAN 編集部

モアザン スラップヒッターは、2020年新発売のシーバスゲーム用ペンシルベイトです。

ボディが3連のジョイント構造になっているので、まるでヘビのようにウネウネアクションする仕組みですよ。

リップのないペンシルベイトですが、水面に浮く120Fタイプと、水中に沈む120Sタイプの2種類に分かれています。

釣り場の状況に合わせて、狙う層を変えるときにこの2手を使い分けてみましょう。

モアザン スラップヒッターとは

モアザン スラップヒッターは、シーバスゲームを楽しむためのペンシルベイトです。

120Fのほうは、フローティング仕様で全長120ミリ・自重15.5グラム。

120Sのほうは、シンキング仕様で全長は同じ120ミリ・自重は20グラムとちょっと重めになっていますよ。

どちらも6番のトレブルフックを、お腹側に2つ標準装備しています。

2ヵ所で分断されている3連ジョイント構造なので、重心移動システムは搭載されていません。

モアザン スラップヒッターにはフローティングとシンキングの2種類が用意されている!

このペンシルベイトは、水面ならウエイクベイトのように連続した引き波を発生させる味付けになっています。

水中なら、まるでヘビのようなスネークロールアクションを起こして、シーバスを引き寄せますよ。

2つの浮き仕様を用意したのは、どちらの要素もシーバスに効果的であること、そしてどちらのアプローチも釣り場でひんぱんに求められる可能性が高いことが理由に挙げられるでしょう。

シーバスゲームは、刻々と変わっていく状況に対応しなければなりませんから、2つの仕様が用意されているのはありがたいですね。

最後尾のアイをうまく活用しよう!

モアザン スラップヒッターの最後尾に注目してください。

何も付いていないアイが1つ、装着されています。

当然トレブルフックを追加してもかまいませんし、流行りのフェザーやシリコンスカートを装着しても面白いでしょう。

もしくはブレードを付ければフラッシング効果が発生して、集魚効果の向上が見込めるかもしれません。

モアザン スラップヒッターのデモンストレーション動画はこちら

モアザンシリーズの既存モデルと比較してみた!発売日や価格もチェック

ダイワからすでにリリースされているモアザンシリーズ、グルービン65Sを使ってみました。

ネット上のユーザー評価は、キャストしやすくてよく釣れるというものが多いですね。

独特のリップデザインで、スローにリトリーブしてもよく動いてくれます。

キャストの際にあまり回転することもなく、シャローエリアに散らばっているシーバスやチヌを釣ることができました。

ヒイラギが群れで泳いでいるエリアなどで、活用しやすいのではないでしょうか。

ダイワ(DAIWA) シーバス シンキングミノー モアザン グルービン ブルピンイワシ 65S ルアー

ダイワ(DAIWA) シーバス シンキングミノー モアザン グルービン ブルピンイワシ 65S ルアー

最安値価格
¥1,512(Yahoo!)

Amazonへ ¥1,540

楽天市場へ ¥2,448

Yahoo!へ ¥1,512

モアザン スラップヒッターの気になる発売日は、2020年の4月です。

メーカー希望販売価格は、120Fが1,940円で120Sが1,980円です。

通常のミノーやシンペンではなかなかバイトにつながらないときに、ぜひラインに結んでみてください。

シーバスの関連記事はこちら

ルアー」カテゴリの人気記事

ダイワ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング