便利なライン巻き取り機のアップ写真

くるくるラインチェンジャーは2020年新発売のライン巻き取り機!リールからラインを回収する便利アイテム

FISHING JAPAN 編集部

くるくるラインチェンジャーは、プロックスから新発売されたライン巻き取り機です。

「えっ、なにそれ、リールのこと?」

あまり聞き慣れないアイテムですよね。

でも実際に使ってみれば、これほどありがたいものはないでしょう。

特に中~深海層を狙うオフショアジギングを実践している人や、遠投がつきもののキャスティングゲームを楽しんでいる人は、リールに巻いたラインを取り除くのにとても苦労しているはず。

このくるくるラインチェンジャーさえあれば、手動で確実にライン交換をおこなえますよ。

くるくるラインチェンジャーとは

くるくるラインチェンジャーは、リールから使い古したラインを取り除くのに便利な、ライン巻き取り機です。

サイズは、W19×D11.5×H14センチですから、さほどスペースは取らないコンパクト設計ですね。

素材は、ABS樹脂とスチールでできています。

手動でハンドルを回すようになっていますから、電動モーターなどの動力源はどこにも付いていませんよ。

くるくるラインチェンジャーの使い方①

このアイテムの使い方を見てみましょう。

まず固定して安定させるところから始めます。

クランプが付属していますから、机の端など利用して本体とクランプで挟んでしまいましょう。

こうすることで、ハンドルを回す際にしっかりと力を込めることができます。

くるくるラインチェンジャーの使い方②

くるくるラインチェンジャーの中心にある軸部分に、リールからラインを巻き取っていきましょう。

浅溝スプールやバス釣り用ベイトリール程度なら、短時間で巻き取りを完了できますが、オフショアジギングやサーフゲームで使うリールからなら、やはりこういう専用の巻き取り機がないと、かなり時間がかかってしまいます。

巻き取ったラインはカンタンに取り外せるので、そのまま廃棄処分にするか、再度リールに巻き取って逆巻き再利用するか選んでください。

PEラインなら、逆巻きでもう一度使うことわおすすめします。

くるくるラインチェンジャーの使い方を実践している動画はこちら

プロックスの既存便利アイテムもチェック!販売価格はいくら?

プロックスからすでに発売されている製品の中から、ラインに関する便利アイテムをピックアップしてみました。

これはデジタル表示でラインの出を測るデプスチェッカーで、本来は水深を把握するのに使います。

応用するとラインをリールに巻く際に、何メートル巻き取ったか測ることもできるのです。

600メートル巻きのボビンタイプからリールに巻くときに、これを装着しておけば何メートル引き出したか、ボビンには何メートル残っているかを把握することができるでしょう。

プロックス ICデプスチェッカー ブラック(PX846KIC) PX846KIC

プロックス ICデプスチェッカー ブラック(PX846KIC) PX846KIC

参考価格:¥3,020

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

くるくるラインチェンジャーは、メーカー希望販売価格が2,800円です。

PEライン自体がとても高価ですから、一旦巻き取って逆巻きで再利用できるのは嬉しいですね。

こういった便利アイテムを、リーズナブルな価格で製品化してくれるのが、プロックスです。

これからもアングラーのためになる釣り道具を、どんどん作り出してくださいね!

ラインの関連記事はこちら

「釣具(タックル)」カテゴリの人気記事

「ライン(釣り糸)」カテゴリの人気記事

DAILYランキング