新しいジギングリール・トリウムのアップ写真

トリウムは2020年新発売のコストパフォーマンスの優秀なジギング専用リール!

FISHING JAPAN 編集部

トリウムは、2020年シマノからリリースされる、オフショアジギング専用の両軸リールです。

剛性感を追求したHAGANEボディやしっかり握れるSコンパクトボディを採用していますよ。

コスパ優秀なエントリーモデルとして、ジギングを始めたい人におすすめできるアイテムといえるでしょう。

その詳しいスペックをピックアップしてみましょう。

トリウムとは

トリウムは、オフショアジギングを楽しむための両軸リールです。

右ハンドル仕様のみリリース予定で、ギア比やラインキャパに違いを持たせていますよ。

1500HGは、ギア比6.3でラインキャパがPE3号を320メートル巻けるようになっています。

2000HGは、ギア比6.2でラインキャパがPE3号を400メートル。

2000PGは、ギア比4.6で2000HGと同じラインキャパに設定されています。

この中で最も巻き上げ長さがあるのは2000HGで、ハンドル1巻きにつき116センチも引き寄せることが可能です。

深い層を探る際や、潮の流れの早いエリアで重宝しそうですね。

トリウムにはHAGANEボディを採用

このリールには、HAGANEボディが採用されています。

シマノ独自の冷間鍛造技術によって硬く叩き上げられたボディになっていて、高剛性により内部構造を守っています。

ラインからの負荷でボディのたわみを最小限に抑えますから、ギアのかみ合わせ精度が維持でき、確実にスムーズに巻き上げることができるのです。

またSコンパクトボディにデザインされているので、手のひらにしっかり収まりホールドしやすくなっています。

クラッチオートリターン機構を搭載

トリウムには、クラッチオートリターン機構を設置しています。

ハンドルとクラッチが連動していて戻る仕組みになっていますよ。

例えば、ボトムまでジグをフォールさせるとします。

ボトムに着いた瞬間ハンドルを回せばクラッチが入り、タイムラグなく操作することができるのです。

既存モデルと比べてみた!発売日や価格もチェック

シマノのジギングリール・オシアジガーの1500HGと比較してみましょう。

この既存モデルのユーザー評価は高く、サイズ感や操作性・耐久性などに満足しているようですね。

実際にスロージギングで使ってみましたが、パーミングしてみたときの手のひらへのフィット感は素晴らしいものでした。

魚が掛かってもしっかり支えられるイメージでしたから、新製品のトリウムにも期待したいですね。

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 両軸 ジギング 17 オシアジガー 1500HG 右ハンドル

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 両軸 ジギング 17 オシアジガー 1500HG 右ハンドル

最安値価格
¥38,084(amazon)

Amazonへ ¥38,084

楽天市場へ ¥38,825

Yahoo!へ ¥38,775

トリウムの気になる発売日は、2020年の4月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、3機種とも28,000円です。

これなら実売価格は、かなり安くなるはずですから、オフショアジギングを始めるのに迷っていた人に朗報といえそうですね。

ジギングの関連動画はこちら

ジギング初心者はワンピッチジャークから始めよう!ラインやロッドやリールは何を使う?タックル選びからシャクリ方まで徹底解説します!

ブリやヒラマサなど、青物をルアーで狙う釣り方のひとつにジギングがあります。 ジギングは、魚のような形をした金属製のルアーを使い、ロッドでシャクリながら水中で躍らせ、それをあたか…

FISHING JAPAN 編集部
ジギング初心者はワンピッチジャークから始めよう!ラインやロッドやリールは何を使う?タックル選びからシャクリ方まで徹底解説します!

船釣り」カテゴリの人気記事

DAILYランキング