ビッグバッカースピンのアップ写真

ビッグバッカースピンは2020年新発売のショアキャスティング用テイルスピンジグ!

FISHING JAPAN 編集部

ビッグバッカースピンは、2020年ジャッカルから新発売される、ショアキャスティング用のテイルスピンジグです。

ラインアイが、ものすごく長いですよね。

やはりエビ状態にラインが絡まるのを避けるための工夫でしょうか。

詳しいスペックや実釣動画をピックアップしてみました。

ビッグバッカースピンとは

ビッグバッカースピンは、ショアから青物やシーバス・ヒラメ・マゴチなどを狙うためのテイルスピンジグです。

ウエイト設定は3種類、20グラム・30グラム・40グラムの中から選ぶことができますよ。

釣り当日の風の強さや水深・潮の流れ・魚のいる層などに合わせて、使い分けてみましょう。

ビッグバッカースピンにはロングラインアイを搭載

このテイルスピンジグのラインアイに注目しましょう。

ボディからかなり離れた位置に付けられています。

これによりルアー本体や、最後尾のブレードなどにラインが絡まるのを防ぐ役割を果たしていますよ。

ショアからキャスティングしていると、必ずといっていいほどライントラブルが発生します。

ほとんどの場合、フックと絡まるのですが、テイルスピンジグなら最後尾のブレードと絡み付くケースが多くなります。

何も対処しないままでは無駄なキャストが増えてしまうので、このロングラインアイの着想は、素晴らしい工夫につながっているといえますね。

ブレードバイトをフッキングに持ち込めるセッティング

ビッグバッカースピンは、ブレードにバイトしてきた魚をフッキングに持ち込めるようにセッティングされています。

テイルアームが後方に伸びていて、フックとブレードが干渉しないように間を開けていますよ。

青物もシーバスもヒラメも、テイルフックにバイトするケースが多いですから、この仕様はありがたいですね。

ビッグバッカースピンのデモンストレーション動画はこちら

既存モデルと比べてみた!発売日や価格もチェック

ジャッカルのビッグバッカーシリーズでは、鉄板バイブレーション・ビッグバッカー128がリリースされて人気を博しています。

よく釣れると評判なのですが、ラインが絡み付いてエビ状態になりやすいとのこと。

ボディサイズが大きいので、エビになった際の引き抵抗がハンパなく強烈とのこと。

確かにヘンな角度で回転しながら回収しますから、たいへん強い抵抗を感じることになるでしょう。

ビッグバッカースピンでは、ロングラインアイを採用していますから安心ですね。

JACKALL(ジャッカル) ルアー ビッグバッカー128 グリキングローストライプ.

JACKALL(ジャッカル) ルアー ビッグバッカー128 グリキングローストライプ.

参考価格:¥2,280

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

ビッグバッカースピンの気になる発売日は、2020年の3月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、1,100円~1,200円です。

手返しよく広範囲を探りながら、ブレードバイトをきっちり取って、青物を数多く釣り上げてみましょう!

ジャッカルの関連記事はこちら

「ルアー」カテゴリの人気記事

「ジャッカル」カテゴリの人気記事

DAILYランキング