ヘッドの下にアシストアイが標準装備

シーバスジグヘッドSS+Eは2020年新発売のシーバスゲーム専用ジグヘッド!

FISHING JAPAN 編集部

シーバスジグヘッドSS+Eは、2020年ダイワから新発売となる、シーバス専用のジグヘッドです。

既存モデルとの違いは、ヘッド下部に新しく設けられたアイの存在。

ここにさまざまな工夫を加えることによって、シーバスを誘ったりフッキング効率をアップさせることが可能です。

他人とは違うアプローチで、シーバスを攻略したい人に向いているアイテムですね。

シーバスジグヘッドSS+Eとは

シーバスジグヘッドSS+Eは、シーバスゲームを楽しむための専用ジグヘッドです。

ここにピンテール系やシャッドテール系などのワームを装着して、キャスト&リトリーブで活用します。

ウエイト設定は、全部で7種類。

5グラム・7グラム・10グラム・12グラム・14グラム・21グラム・28グラムの中から、その日その場所にマッチしたものを選んでください。

フックサイズは、全て3/0になっているところが潔いですね。

シーバスジグヘッドSS+Eは前方重心設計を採用

このジグヘッドは、前方重心設計を採用しています。

そうすることで、ナチュラルなスイミングでもダートスイミングでも、姿勢を安定させることが可能になります。

姿勢が安定すれば、ワームが持つ性能を最大限活かすことができますよ。

ロッドワークを駆使して、まずは縦方向にジャークしてみましょう。

左右にどれくらいダートするか確認したら、ステディリトリーブと絡めて独自のスイムパターンを作り出してください。

アシストアイが追加

シーバスジグヘッドSS+Eの+Eは、アシストアイがプラスされているということ。

既存モデルのシーバスジグヘッドSSには無かった要素で、ここにスイベルとブレードを追加することも、トレブルフックをぶら下げることもできます。

ブレードならフラッシング効果や波動効果を得られますし、トレブルフックならフッキングの効率が向上しますよ。

確実にそこにいるシーバスを獲りたい人のための、スペシャルアイテムになってくれるでしょう。

既存モデルと比べるとどうなの?発売日や価格もチェック

ダイワからリリースされている既存モデルと新製品を比べると、アシストアイの有無が大きな差となります。

実際に既存モデルを使ってみた印象ですが、スローにリトリーブするのが少し苦手に感じました。

新製品ならブレードを付けることができるので、引き抵抗を増やしてスローリトリーブを実現できるかもしれませんね。

ダイワ(DAIWA) ジグヘッド  シーバスJヘッドSS21#3/0

ダイワ(DAIWA) ジグヘッド シーバスJヘッドSS21#3/0

参考価格:¥529

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

シーバスジグヘッドSS+Eの発売日は、2020年の3月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、660円です。

自分なりの工夫やチューニングを施して、口を使おうとしないシーバスを迎撃してみましょう。

ミノーやシンペンなど、これまでキャストしてきたルアーとのローテーションも効果的ですよ!

シーバスの関連記事はこちら

「ダイワ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング