チヌ釣りに使うための専用バッカン

銀狼バッカンFH40(C)は2020年新発売のマキエを多く作れる大容量チヌ釣り用バッカン!

FISHING JAPAN 編集部

銀狼バッカンFH40(C)は、2020年ダイワから新発売される、チヌ釣り用の大容量バッカンです。

コマセをたくさん用意したい人のために、大きな容量に設計されていますよ。

また肉厚なセミハードボディを採用しているので、剛性。耐久性ともに向上しています。

これなら長い期間釣り場へ持ち込むことができますし、コマセを切らさずにチヌを誘うことも可能です。

大容量で頑丈なら、使えるシチュエーションが一気に増えそうですね。

銀狼バッカンFH40(C)とは

銀狼バッカンFH40(C)は、チヌ釣り専用に作られたバッカンです。

設定サイズは1種類、外寸約28×42×29センチとかなり大き目になっています。

この大容量サイズによって、多めのコマセを作っておくことができ、誘いを長くかけ続けられます。

内部には、サビに強いステンレスフレームが走っていますよ。

中身を多めに増やしても、カンタンには変形しないでしょう。

銀狼バッカンFH40(C)には新合体ハンドルを採用

このバッカンには、新合体ハンドルが上部に付いています。

とても握りやすいので、内容物が増えて重い状態になっても運びやすいでしょう。

また半開きで上フタが留められるスナップが、搭載されていますよ。

もし陽射しの強い日に当たっても、マキエが乾燥してしまったり、急な雨で濡れてしまったりするのを防ぐことができます。

スナップはすぐに外せますから、フタを閉めたいタイミングで動かすことが容易です。

円形滑り止め付き底部を搭載

銀狼バッカンFH40(C)には、円形滑り止め付き底部を採用しています。

これならバッカンがどちらの方向にも滑りにくくなるでしょう。

また底角部丸型ボトムによって、マキエをすくい取りやすくなっていますよ。

角部分が直角に近いと、最後までマキエをすくい取るのが難しくなりますから、とてもありがたいデザインですよね。

マキエを内部にほぼ残すことなく、使い切りたい人におすすめです。

既存モデルと比べるとどうなの?発売日や価格もチェック

ダイワの銀狼バッカンシリーズの既存モデルと比較してみました。

合体ハンドル部分が新しくなっていますね。

大容量であるメリットは、しっかりと継承されていますし、滑りにくい底形状も新製品に活かされています。

ダイワ  銀狼バッカンFH40(B) BK 967204

ダイワ 銀狼バッカンFH40(B) BK 967204

参考価格:¥7,531

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

銀狼バッカンFH40(C)の気になる発売日は、2020年の4月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、9,100円です。

チヌ釣り用のアイテムとして、絶対に欠かせないコマセ用バッカンですから、使い勝手を最優先にしたい人が多いはず。

それに真正面から向き合って、納得のいく新製品に出来上がっている印象です。

早く釣り場でそのスペックを試してみたいですね。

バッカンの関連記事はこちら

「ツール」カテゴリの人気記事

「ダイワ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング