ダイワの穴釣りに適した追加モデル

MC750L・MLは2020年に追加リリースされるロッド+リールのセットアイテム!穴釣りに最適

FISHING JAPAN 編集部

MC750L・MLは、2020年ダイワから追加リリースされるロッド+リールのセットアイテムです。

全長が1メートルに満たないコンパクトサイズなので、流行りの穴釣りを中心に活用することができますよ。

ロッドだけではなく、うまくマッチする番手のスピニングリールが標準でセットされていますので、わざわざ探す手間が省けるのがいいですね。

ロッドブランクとリールボディのカラーも相性ぴったりに設定されています。

MC750L・MLとは

MC750L・MLは、軽量でコンパクトに設計されたロッド+リールのセットアイテムです。

MC750Lのほうは、L=ライトパワーのブランクを持ったロッドで、全長61センチ・自重54グラムです。

MC750MLのほうは、ML=ミディアムライトパワーと少し強めのブランクを持っていて、全長71センチ・自重59グラムに仕上げられています。

この2機種それぞれに付いているスピニングリールは、自重175グラムでラインキャパはナイロンライン2号が60メートル巻けるようになっています。

穴釣りを実践するには、じゅうぶんなスペックですね。

MC750L・MLの専用グリップに注目

このロッドには、握りやすい専用グリップが付いています。

スピニングリールはもちろん、ベイトリールも取り付けられるようになっているので、濃いカバーや凹凸の激しいストラクチャーなどに接触しながら攻める際には、ベイトリールをセットしてアプローチしてみましょう。

ガイドシステムを見ても、さほどガイドフット部分が高く作られていないので、どちらのリールも扱いやすいでしょう。

標準装備のスピニングリールはワンタッチハンドル式を採用

MC750L・MLに付いているスピニングリールは、ハンドルがワンタッチで折りたためるように作られています。

収納時に邪魔にならず、クルマのトランクルームや後部座席などに置いておくことができますね。

ハンドルノブは、つまみやすくて力を込めやすいIシェイプタイプのノブを採用しています。

既存モデルのインプレは?発売日や価格もチェック

このアイテムの既存モデル・MC750Mのインプレもご紹介しましょう。

昨年リリースされたMC750Mは、ミディアムパワーのロッドブランクでパワーがあります。

大型の魚が掛かった際には、いい感じに弧を描いてくれるロッドなのですが、アジなどの小型魚を掛けると、ロッドブランクの反発で弾いてしまうケースがありました。

2020年モデルが2機種加わることで、そういったトラブルは抑えられていくでしょう。

ダイワ(DAIWA) 穴釣り 19 MC750M 釣り竿

ダイワ(DAIWA) 穴釣り 19 MC750M 釣り竿

最安値価格
¥6,930(Yahoo!)

Amazonへ 売り切れ

楽天市場へ 取扱なし

Yahoo!へ ¥6,930

MC750L・MLの気になる発売日は、2020年の3月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、どちらも10,000円。

このロッド+リールセットをクルマへ積んでおけば、急に釣りをしたくなっても対応することができます。

特に穴釣り・アジング・メバリングなどのライトソルトゲームには、ベストマッチするタックルといえるでしょう。

穴釣りの関連記事はこちら

ロッド」カテゴリの人気記事

スピニングリール」カテゴリの人気記事

釣り初心者」カテゴリの人気記事

DAILYランキング