ラバージグの全体写真

マルチジグSSに2020年追加カラーが4種類登場!フットボールヘッドタイプ

FISHING JAPAN 編集部

ダイワから発売中のマルチジグSSに、2020年新しく追加カラーが登場します。

ヘッド形状はフットボールタイプで、ボトムパンピングやずる引き、中層のスイミングなどマルチな活用が期待できるラバージグに仕上がっています。

ブラシガードも標準装備されていますから、濃いカバー周りでも、果敢に攻めることができますよ。

マルチジグSSとは

マルチジグSSは、バス釣り用に開発された多目的ラバージグです。

ウエイト設定は、全部で5種類用意されていますよ。

4グラム・6グラム・8グラム・10グラム・14グラムの中から、釣り場のシチュエーションやタックルにフィットしたものを選んでください。

重いほうが、ボトムをずる引きした際に変化を細かく感じ取ることができるでしょう。

またゆっくりと引けば、ボトムでジグやトレーラーワームを立たせることも可能です。

その姿勢からラインテンションを抜いて、ゆっくりと倒れ込ませることもできますから、さまざまな演出でバスを誘ってみましょう。

マルチジグSSのヘッドは三角形に近いフットボールタイプ

このラバージグのヘッド形状は、フットボールタイプです。

前方に対して鋭く尖っていないので、カバーの中へ押し入っていくようなことはありません。

乗り越えながら、やや引っ掛かりを残すことになるので、ボトムから離れた瞬間を常に感じ取れることに。

その感触と、バスがバイトしてきたときの感触を判別できるようになれば、釣果はグンと伸びるようになるでしょう。

ラインアイの向きや角度に注目

マルチジグSSのラインアイに注目してください。

前方に対して横向きで、45度の角度が付けられています。

これによりボトムの変化にスタックしにくくなり、手返しのよいアプローチを続けられるでしょう。

マルチジグSSを使った実釣動画はこちら

既存カラーモデルの評価・口コミは?追加カラーの発売日や価格もチェック

既存カラーのマルチジグSSに対する評価・口コミも取り上げてみました。

ラバージグとしてバス釣りに活用してみたら、バスのショートバイトに対応できたとのこと。

確かにラバージグは、捕食目的以外に威嚇バイトが多発するケースがありますから、突っつくようなショートバイトも手元に伝わってきます。

すぐにフッキングできるように備えておきたいですね。

ダイワ ルアー マルチジグSS 14g ブルースモークシュリンプ

ダイワ ルアー マルチジグSS 14g ブルースモークシュリンプ

参考価格:¥500

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

これからの季節にぴったりかも。
ショートバイトに良い。

出典:アマゾン

マルチジグSSの追加カラーの発売日は、2020年の5月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、450円から540円です。

追加カラーの内訳は、

●ウォーターメロンブルーフレーク

●グリーンパンプキンレッドフレーク

●沼ザリ

●レッドクロー

ですから、エビやザリガニなどの甲殻類に似ていますね。

シャローエリアやディープエリア、もしくは中層を狙う場合にも、このラバージグをラインに結ぶようにしてください。

ビッグバス狙いなら、ポークをトレーラーに使うのもアリでしょう。

2020年の新製品関連記事はこちら

ルアー」カテゴリの人気記事

ダイワ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング