新しいリップレスミノー

モアザン クロスカウンター125Fは2020年新発売のシャローレンジ攻略用リップレスミノー!

FISHING JAPAN 編集部

モアザン クロスカウンター125Fは、2020年ダイワより新発売となるリップレスミノーです。

シーバスゲームにおけるシャローレンジ攻略アイテムで、ただ巻きだけで誘いをかけられるスグレモノに仕上がっていますよ。

デッドスローリトリーブに対応していて、流れに差のあるところでボディをフラッと揺らしますから、シーバスの捕食スイッチをオンにすることが可能です。

モアザン クロスカウンター125Fとは

モアザン クロスカウンター125Fは、シーバスゲームを楽しむためのフローティングミノーです。

全長125ミリで自重15.8グラム、かなりスリムなフォルムなので、虫パターンやサヨリパターンのときにも大いに効きそうですね。

頭部に注目すると、リップの突起がないリップレス構造になっています。

空気抵抗は抑えられますので、安定的に飛距離を稼ぐことができるでしょう。

モアザン クロスカウンター125Fには重心移動システム・MAGLOCK Ver.S+Rを搭載

このミノーには、重心移動システムのシャフト部分をサクサス加工した、MAGLOCK Ver.S+Rを搭載しています。

これによりキャスト時に最後尾へ移動したウエイトが、着水時には元の位置へ素早く戻る仕組みになっていますよ。

マグネットで腹部にウエイトが固定されますから、着水即でもレスポンスよくアクションするのです。

スローピッチでおとなしいアクション

モアザン クロスカウンター125Fは、幅の狭いスリムボディに設計されています。

リトリーブすると、ヨタヨタと弱ったベイトフィッシュの動きを再現。

スローピッチでおとなしいアクションを繰り出すことで、スレ気味のシーバスを振り向かせることができます。

既存モデル・モアザン シャローアッパースリムとの比較インプレ!発売日や価格も気になる

ダイワの既存モデル・モアザン シャローアッパースリムと比較してみましょう。

このミノーもフォルムや内部構造が似ていますが、全長160ミリと大きめですから、バランスを崩してからの復元が、ややもたつく印象です。

当初はそのアクションが効いているのかな?と感じることもありましたが、復元までの時間を少し狭めようとすれば、シンプルに全長を縮めればいいのではと。

そこで思い当たるのが、新しいモアザン クロスカウンター125Fです。

まさにサイズとウエイトを縮小した、ややレスポンスを上げた仕様ですから、期待せずにはいられませんね。

ダイワ(DAIWA) シーバス ミノー モアザン シャローアッパー SLIM エメラルド鮎 160F-SSR ルアー

ダイワ(DAIWA) シーバス ミノー モアザン シャローアッパー SLIM エメラルド鮎 160F-SSR ルアー

最安値価格
¥2,033(Yahoo!)

Amazonへ ¥2,420

楽天市場へ ¥2,177

Yahoo!へ ¥2,033

モアザン クロスカウンター125Fの発売日は、2020年の4月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、2,050円。

河口域に広がる堆積物で浅くなったエリアで、水面に突き出た藻をかわしながらリトリーブを繰り返してみたいですね!

2020年の新製品関連記事はこちら

ルアー」カテゴリの人気記事

ダイワ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング