ガード付きのラバージグ

カバージグSSに2020年追加カラーが4種類登場!すり抜け重視のバランスを持ったジグ

FISHING JAPAN 編集部

ダイワから発売中のカバージグSSに、2020年追加カラーが登場します。

前方重心型でカバーからのすり抜けを重視したバランス設計は、さまざまなシチュエーションで活躍してくれますよ。

ベイトタックルに太めのラインを巻いて、カバーの中をしっかり攻めてみましょう。

カバージグSSとは

カバージグSSは、バス釣りに活用するためのガード付きラバージグです。

全体的なシルエットはコンパクトで、設定ウエイトは5種類用意されています。

4グラム・6グラム・8グラム・10グラム・14グラムの中から、カバーの濃さに合わせて使い分けてみましょう。

重いほどカバーの奥へ進入させることができますが、引っ掛かってしまうトラブルに見舞われる確率も高くなります。

どこまで重くしていくか、自分の釣りスキルと相談しながら決めるようにしてください。

カバージグSSはブラシガードを標準装備

このラバージグには、ブラシガードが標準装備されています。

パッケージから出してそのまま使うのではなく、ブラシガードに手を加えてからラインに結ぶようにしましょう。

まずは根元部分を親指で押して、ブラシを広げてください。

どれくらいまで広げるかは、カバーへの引っ掛かり具合に合わせていくようにしましょう。

ブラシガードを数本抜き去ってしまうのも効果的ですよ。

トレーラーはワームキーパーにきっちりセットしよう!

カバージグSSには、トレーラー用にワームをセットして使うようにしましょう。

その際、ワイヤーで出来たワームキーパーにきっちり突き刺して、外れないようにしてください。

スキッピングなどを繰り返していると、甘く突き刺していたら抜け落ちてしまいます。

そうなるとキャストの都度突き刺し作業をしなければなりませんので、じゅうぶん注意しましょう。

ダイワフィールドスタッフの川村光大郎プロがカバージグSSで実釣している動画はこちら

実際にカバージグSSを使ってみた!追加カラーの発売日や価格は?

実際に既存カラーのカバージグSSを使ってみました。

葦などの草カバーに対して、ほとんど引っ掛からずに手返しよく撃てるのは、ヘッド形状や前方重心バランスのおかげでしょうか。

4グラムでもワームをトレーラーに装着すれば、ベイトタックルでキャストすることができます。

ブラシガードも硬過ぎず、フッキングの邪魔にはなりませんでした。

ダイワ(DAIWA) ラバージグ カバージグSS 8g グリーンパンプキンレッドフレーク ルアー

ダイワ(DAIWA) ラバージグ カバージグSS 8g グリーンパンプキンレッドフレーク ルアー

最安値価格
¥466(Yahoo!)

Amazonへ ¥539

楽天市場へ ¥484

Yahoo!へ ¥466

カバージグSSの追加カラーモデルは、2020年の5月に発売予定です。

メーカー希望販売価格は、450円~540円。

追加カラーは、4種類から選ぶことができますよ。

●グリーンパンプキンブルーフレーク

●ライトグリパン

●沼ザリ

●レッドクロー

エビやザリガニなどの甲殻類の多く棲むポイントで使ってみましょう!

2020年の新製品関連記事はこちら

ルアー」カテゴリの人気記事

ダイワ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング