コスパ優秀なバスロッド

バスワンXTに2020年追加モデルが登場!ショートレングスで扱いやすいロッド

FISHING JAPAN 編集部

シマノからリリースされているバスワンXTは、バス釣りのエントリーモデルとして適したロッドです。

全機種2ピース仕様で、持ち運びにとても便利。

あらゆるシチュエーションに対応できるように、数多くの機種が揃っていますよ。

2020年には、3機種が追加ラインナップされるので、そのスペックをご紹介しましょう。

バスワンXTとは

バスワンXTは、バス釣りを楽しむためのエントリーモデルに適したロッドです。

1万円前後の低価格に抑えられたコスパの優秀さは、他のロッドと比べてもトップクラス。

ベイトロッドとスピニングロッドともに、7フィートに満たないレングスに収められているのが特徴的で、扱いやすさを最優先していますよ。

バスワンXTに追加されるベイトロッド

2020年に追加されるベイトロッド2機種を見てみましょう。

●150ML-2・・・このベイトロッドは、全長が5フィートに設定されています。

お子様が初めてのバス釣りに使うのに、丁度いい取り回しのしやすさを持っているかもしれませんね。

当然一般アングラーにも使い勝手が良いですから、例えばフローターなどに乗り込んだ際に、オーバーハング下へルアーを滑りこませるのに便利でしょう。

●156ML-2・・・こちらは5.6フィートと少し長めに作られていて、14グラムまでのルアーをキャストするのに向いています。

ジャーキングやトゥイッチングをする際にも、水面を叩かずに済みそうですね。

バスワンXTに追加されるスピニングロッド

2020年に追加されるスピニングロッド、この1機種のみです。

●256UL-2・・・全長5.6フィートのウルトラライトアクションで、自重90グラムしかありませんから、キャストし続けても疲れ知らずで扱えるでしょう。

グリップ長が190ミリですので、ロッドワークを積極的に繰り出しても、ヒジなどに当ててしまうことは防げそうですね。

仕舞寸法が87センチと、とてもコンパクトになりますから、電車で釣り場へ向かうときに邪魔にならずに済むでしょう。

人気の既存モデル・バスワンXT1610M-2の評価・口コミは?発売日や価格もピックアップ

昨年までにリリースされている既存モデル・バスワンXT1610M-2の評価・口コミも見てみましょう。

過去に所有していたバスロッドとは、比べ物にならないほど使いやすかったと評価されています。

確かにロッドの軽量化は進んでいて、手首に負担を感じてしまうようなものは、ほとんど消えてしまいましたね。

シマノ(SHIMANO) ロッド バスワン XT 1610M-2

シマノ(SHIMANO) ロッド バスワン XT 1610M-2

参考価格:¥7,150

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

バスワンXT追加モデルの発売日は、2020年の2月を予定しています。

追加モデルのメーカー希望販売価格は、8,700円から9,000円です。

ということは、実売価格はもっと安くなるわけですから、とびきりのコスパ優秀なロッドといえますね。

もしお子様がバス釣りを始めたいと言ってきたら、このロッドを選択肢のひとつに加えてみてはいかがでしょうか。

2020年シマノの新製品関連記事はこちら

ロッド」カテゴリの人気記事

シマノ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング