ダイワの新しいタックルバッグ

モバイルタックルバッグS(B)は2020年新発売のさまざまな釣りに対応可能なタックルバッグ!

FISHING JAPAN 編集部

モバイルタックルバッグS(B)は、2020年ダイワから新発売のタックル収納に便利な釣り専用バッグです。

セミハードボディで高い剛性感があり、中型のルアーケースをいくつも並べて収納し持ち歩くことができますよ。

側面にはプライヤーホルダーが付いていますから、すぐに取り出して作業に移ることが可能です。

コンパクトロッドスタンドが2つも標準装備、ソルトゲームやエリアトラウトに活用できそうですね。

モバイルタックルバッグS(B)とは

モバイルタックルバッグS(B)は、さまざまな釣りに対応したタックル収納バッグです。

サイズは2種類、S36(B)のほうが約29×40×27センチです。

S40(B)のほうが約32×45×29センチです。

中に収納する小型~中型ルアーケースなどのサイズに合わせて、選ぶようにしましょう。

モバイルタックルバッグS(B)はセミハードボディを採用

このタックルバッグには、高い剛性感のあるセミハードボディを採用しています。

かついだ際に腰に当たってもあまり痛くないように、底角部が丸型の形状になっていますよ。

また濡れたボートデッキなどでも滑りにくい、滑り止めラバーを底の部分に配置しています。

タックルバッグが安定すれば、ルアーやタックルの交換作業がはかどりますよね。

便利なハードかぶせブタを搭載

モバイルタックルバッグS(B)には、雨などの水飛沫を防ぐためにハードかぶせブタが付いています。

フタは面ファスナーになっていて、開閉するのがカンタンですし、バックルでロックできるようになっています。

フタの上に小物を置いても、下に滑り落ちにくいデザインになっているのが嬉しいですね。

またハーフトレイが搭載されているので、ひんぱんに使うものはその上に置いておくことができます。

既存モデルの評価や気になる発売日をチェック!

ダイワから発売中の既存モデルもチェックしてみましょう。

エメラルダスシリーズのタクティカルバックパック(A)は、背負える仕様になっているので、エギングをおこなう磯や防波堤でも移動がラクラクです。

収納するポケットなどが多いので、小物類の整理に重宝するとのユーザー評価が見受けられますね。

ダイワ(Daiwa) タックルバッグ エメラルダス タクティカルバックパック(A) カモ

ダイワ(Daiwa) タックルバッグ エメラルダス タクティカルバックパック(A) カモ

参考価格:¥11,453

Amazonへ

楽天市場へ

釣り用のリュック初めて購入しましたが便利すぎて、容量もあってかなり気に入ってます。収納箇所も多く、目的別に上手く変えています。

出典:アマゾン

モバイルタックルバッグS(B)の発売日は、2020年の5月を予定しています。

設定カラーは、S36(B)がスプラッシュブラック、S40(B)がスプラッシュホワイトです。

バッグの側面には、プライヤーホルダーやロッドスタンドが装備されているので、急にタックル交換しなければならないときなどに対応しやすいでしょう。

ルアーのフック交換やショックリーダーラインの結び替えなどにとても便利ですね。

さまざまな釣り場へ持ち込んで、活用してみたいですね!

2020年ダイワの新製品関連記事はこちら

「ダイワ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング