ハゼ釣りに大活躍のルアー

ハゼ釣りで人気のハゼイモラS35に2020年追加カラーが登場!

FISHING JAPAN 編集部

ダイワから発売中のハゼイモラS35に、2020年追加カラーが登場します。

ショアからのハゼ釣りを楽しむために作られたこのルアー、なんと最後尾のフックにエサを付けることができますよ。

そのフックアイが自動ハリス止めになっていて、ハリス付きフックをカンタンに交換できるシステムになっています。

ルアー釣りとエサ釣りのハイブリッドな感覚を、ぜひフィールドで味わってみてください。

ハゼイモラS35とは

ハゼイモラS35は、ハゼ釣りを楽しむための専用ルアーです。

全長は35ミリとコンパクトで、自重は3.6グラムに設定されています。

シンキング仕様で、長めのリップがボトムノックするようになっていますよ。

ボトムの変化をスローになぞりながら、リトリーブを繰り返してみましょう。

ハゼは後方から追従してきてバイトに及ぶことが多いですから、水際ギリギリまで気を抜けません。

大きくアワセないようにして、バイトを感じたらロッドを軽く立てる程度でラインテンションを張ってください。

そのままリールハンドルを回すだけで、ハゼを取り込むことができるでしょう。

ハゼイモラS35の最後尾は自動ハリス止め

このルアーの最後尾には、本来はフックアイが付いているはずなのですが、よく見ると自動ハリス止めになっています。

ここにハリスの付いたフックを装着し、場合によってはエサまで付けてキャストすることができるのです。

ハリスに1つコブができるように結び目ほ作れば、あとはハリスを自動ハリス止めに通すだけ。

とてもカンタンにフック交換ができてしまう仕掛けですよね。

標準装備されているフック

ハゼイモラS35には、ベリーフックアイにケイムラピンク針の6番サイズが標準装備されています。

リアの自動ハリス止め用には、針サイズ6号とナイロン1号のハリスがセットになって2本装備されています。

予備用のフックがあれば、根掛かりを気にせずアプローチを繰り返せますね。

既存カラーモデルをチェック!追加カラーの発売日は?

2019年には、既存カラーがリリースされていますから、アングラーの間でハゼイモラS35の性能を体感した人は多いでしょう。

2020年の新しいカラーは、そういったユーザーからの要望が発端となって企画されているはず。

どんどんダイワに使用感などのナマの声を届けてみましょう。

ダイワ(DAIWA) ルアー ハゼイモラ S35 クラウンラメ

ダイワ(DAIWA) ルアー ハゼイモラ S35 クラウンラメ

参考価格:¥1,161

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

ハゼイモラS35には、合計4種類のカラーが追加されます。

●メタリックレッドカラー

●モーターオイルカラー

●ホロクラウンカラー

●ミッドナイトブラックカラー

気になる発売日は、2020年の5月を予定しています。

ハゼをルアーで釣る楽しみ方が、今年も大きく広がるのは間違いなさそうですね!

2020年ダイワの新製品関連記事はこちら

ルアー」カテゴリの人気記事

ダイワ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング