新しいカラー・ピンクシラウオ

人気のスティーズ ハイドロスティックに2020年追加カラーが登場!マイクロハンドが効果的

FISHING JAPAN 編集部

ダイワから発売中のスティーズ ハイドロスティックに、2020年追加カラーが3種類登場します。

ボディの周囲に付いている小さな手=マイクロハンドが、水中姿勢を制御して生命感を溢れさせるワームです。

まさにベイトフィッシュそのもののアクションなので、引き寄せられるバスは多いでしょう。

ダウンショットリグやキャロライナリグでアプローチすれば、ビッグサイズをゲットできるかもしれませんね。

スティーズ ハイドロスティックとは

スティーズ ハイドロスティックは、バス釣り用に作られたストレートワームです。

サイズは3.4インチ=8.636センチと、まさにひと口サイズ。

オフセットフックやマスバリなどにセットして、カバーや地形変化・流れ込みなどのピンスポットに送り込んでみましょう。

フックのウエイトと相まって、付属のマイクロハンドが水平姿勢をキープしてくれますよ。

ベイトフィッシュが無防備にサスペンドしている様子を、うまく表現できるので、バスを引き寄せバイトに持ち込むことができるでしょう。

スティーズ ハイドロスティックには24本のマイクロハンドが装備

このワームのボディ周りには、合計24本の小さな手=マイクロハンドが付いています。

これがしっかりと水をとらえて、制動がかかりやすくなっていますよ。

つまりスローに動かせるので、誘いにも時間をかけることができるということ。

水中での水平姿勢を作り出すことで、バスにバイトのチャンスを効果的に与えています。

素材はノンソルト

スティーズ ハイドロスティックは、ノンソルトボディです。

いわゆる塩入りではないので比重が低く、わずかな水流でもボディが反応するようになっています。

ロッドワークによるアクションに加えて、自発アクションがバスを誘うわけです。

アングラーが意図していない間も誘い続けていることが、バイト増加の要因といえるでしょう。

ダウンショットリグにセットして使ってみた

実際にこのワームをフィールドで使ってみました。

ベイトフィネスタックルによるダウンショットリグにセットして、シンカーウエイトは3.5グラム。

非常に繊細な誘いをかけているにも関わらず、ワーム自体がしっかり震えているのが秀逸で、複数のバスが近寄ってくることから、強い生命感が出せていることが分かります。

スティーズ ハイドロスティックを使った実釣動画はこちら

スティーズ ハイドロスティックには、追加カラーが3種類用意されています。

●ピンクシラウオカラー

●ブラックカラー

●エレクトリックシラウオカラー

追加カラーの発売日は、2020年の4月を予定しています。

既存カラーのインプレをチェック

スティーズ ハイドロスティックの既存カラー・スカッパノンをバス釣りで使ったインプレは、バスの大小を問わず、カンタンにバイトに持ち込めるということ。

視認性も高いので、サイトフィッシングにおいて背景とスカッパノンカラーが被らないようなシチュエーションで使うと、しっかりとバイトシーンをとらえることが可能です。

震えている様子も判別しやすいカラーですね。

ダイワ(DAIWA) ワーム スティーズ ハイドロスティック 3.4インチ スカッパノン

ダイワ(DAIWA) ワーム スティーズ ハイドロスティック 3.4インチ スカッパノン

最安値価格
¥762(amazon)

Amazonへ ¥762

楽天市場へ ¥762

Yahoo!へ ¥762

2020年ダイワの新製品関連記事はこちら

バス釣り」カテゴリの人気記事

ルアー」カテゴリの人気記事

ダイワ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング