新しいソルティガのロッド

ソルティガRの発売日が待ち遠しい!2020年ダイワからリリースされるオフショアジギングロッド

FISHING JAPAN 編集部

ダイワから2020年新発売となるソルティガRは、オフショアジギングゲームを楽しむためのロッドです。

3つのレスポンスをロッドブランクに与え、それぞれの性格に即した使い方を実践するようにしましょう。

使用するPEラインは、MAXで3号に統一しているところも面白いですよね。

近海ジギングで3つの使い分けができるようになれば、あなたの釣りスキルはかなりのレベルに達したといえるでしょう。

ソルティガRとは

ソルティガRは、オフショアジギングゲームをするために作られた専用ロッドです。

3つの異なる弾性をロッドブランクに与えて、使い分けを楽しめるようになっています。

マッチするPEラインは、3号で統一。

HVFカーボンやX45を用いて、細身で軽量に仕上げられています。

ソルティガR・J60S-3 HI (ハイレスポンス)の特徴

このロッドは、ドテラ流しに対応するハイレスポンスな軽量ジギングロッドです。

全長1.83メートルとショートレングスで、しかも高弾性素材が使われていますよ。

船からジグが離れた状態になっても、軽快なジャークを繰り出すことが可能です。

細身で軽量なブランクでもしっかりした強度を持たせてあるので、200グラムまでのジグなら難なく操れます。

ソルティガR・J62S-3 LO (ローレスポンス)の特徴

このロッドは、ワンピッチジャークをメインにしたローレスポンスな軽量ジギングロッドです。

ワンピッチジャークを楽しみたいアングラーなら納得の仕上がりになっていますよ。

とにかく軽いので、一日中ジャークを繰り返しても疲れにくく、近海ジギングでは欠かせない味付けといえるでしょう。

220グラムまでのジグを操りたいなら、迷わずコレですね。

ソルティガR・J64S-3 MD (ミッドレスポンス)の特徴

このロッドは、キャストと斜め引き対応の軽量ジギングロッドです。

浅くて魚が広範囲に散っているシチュエーションなら、キャストや斜め引きジギングが必要ですよね。

180グラムまでのジグをキャストしやすいブランクは、中弾性カーボンで作られています。

ガイドシステムは、3種類ともチタンフレームのKガイドを採用。

ガイドリングは、ノットがすり抜けやすいように大口径が選ばれています。

グリップは、3種類ともエアセンサーシートの採用で軽量化に拍車をかける仕様に。

ソルティガRの発売日は、2020年の4月を予定しています。

同時に新しくなった20ソルティガとのマッチングは、海の上で強烈に映えるでしょう!

既存モデルのソルティガロッドの評価・口コミは?

ソルティガの既存モデルには、エアポータブルシリーズがあります。

持ち運びは、仕舞寸法が103センチと短いのでとても便利。

このJ66XHSは、キャスティング用ではなくジギング用ですね。

ダイワ(DAIWA) ジギングロッド ソルティガAP(エアポータブル) J66XHS 釣り竿

ダイワ(DAIWA) ジギングロッド ソルティガAP(エアポータブル) J66XHS 釣り竿

Amazonへ 売り切れ

楽天市場へ 取扱なし

Yahoo!へ 取扱なし

2020年ダイワの新製品関連記事はこちら

ダイワ」カテゴリの人気記事

ソルティガ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング