ソウルシャッドのニューカラー

好評ソウルシャッドに2020年追加カラーが登場!冬のバス釣り必須アイテム

FISHING JAPAN 編集部

ジャッカルルアー冬の定番・ソウルシャッドに、2020年追加カラーが6種類ラインナップされます。

水温が下がってくると、バスはなかなか口を使ってくれません。

ワームでも釣れないケースで頼りになるのが、このソウルシャッドです。

早巻きしてもスイムバランスが崩れず、しっかりとハイピッチなロール+ウォブリングアクションを披露してくれますよ。

ソウルシャッドとは

ソウルシャッドは、バス釣り専用に作られたシャッドプラグです。

サスペンドタイプとスローフローティングタイプ(68SFのみ)から選ぶことができますよ。

設定サイズは、45ミリ・52ミリ・58ミリ・62ミリ・68ミリの5種類で、潜行深度の違いによりリップ面積・形状が異なっています。

自分がよく通う釣り場のシチュエーションに合わせて、数種類揃えておくことをおすすめします。

秦拓馬プロが冬の河川をソウルシャッドを使って攻略している動画はこちら

高速リトリーブでも安定したスイムバランスを誇るソウルシャッド

ソウルシャッドは、高速リトリーブをおこなってもスイムバランスを崩さず、きっちりとボトムをトレースできます。

着水後、一気に潜ってリップで地形変化やカバーの在り処を伝えてくれますよ。

その状態をリトリーブしながらキープ、あまり跳ね上がらずに地形に沿うようにしてトレースを繰り返していると、バスがバイトしてきます。

シャッドの形状が、バスの食性を刺激しているのは間違いありませんが、それ以上に一定の層や位置から離れずに泳いでいることが、かなり効果を発揮しているのではないでしょうか。

マグネット式の重心移動システムを搭載

ソウルシャッドには、マグネット式の重心移動システムが搭載されています。

最後尾まで移動したウエイトが、キャスティングの際に飛距離をぐんぐん伸ばしてくれます。

そして着水したら、腹部に設置されたマグネットに引き寄せられ、まるで固定重心のようなアクションのキレを生み出すのです。

トゥイッチやジャークをしても、その泳ぎは安定しているので、バスを広範囲から引き寄せるのにも適しているでしょう。

実際にソウルシャッドを使ってみたインプレ

ソウルシャッドの追加カラーは、どれも視認性に長けているものばかり。

バスからも見やすいですし、アングラーからもとらえやすいですね。

実際にソウルシャッドをフィールドでキャストしてみると、大きめのリップが付いているにも関わらず、安定した飛距離を稼いでくれます。

狙ったポイントへ到達させやすいですし、スピニングタックルを使えば、もっと飛距離を伸ばせますよ。

フックもボディサイズに対して、やや大きめのものが標準装備されているので、ショートバイトからのやり取りでも安心しておこなうことができます。

JACKALL(ジャッカル) シャッド ソウルシャッド SP 52mm 4g SKベビーバス

JACKALL(ジャッカル) シャッド ソウルシャッド SP 52mm 4g SKベビーバス

最安値価格
¥1,595(楽天市場)

Amazonへ 売り切れ

楽天市場へ ¥1,595

Yahoo!へ ¥1,595

ソウルシャッドは、水深1.0メートルから3.0メートルまでを探ることが可能です。

サイズによって潜行深度が変わるので、さまざまなシチュエーションに対応するためには、複数のサイズを常に手元に持っておくようにしましょう。

チャート系カラーで釣れたからといって、チャートばかり使っているとそのうちバイトは遠退きます。

必ずカラーローテーションを実施しながら、アプローチを繰り返すようにしてください。

人気のジャッカルルアー関連記事はこちら

バス釣り」カテゴリの人気記事

ルアー」カテゴリの人気記事

ジャッカル」カテゴリの人気記事

DAILYランキング