新しいセミルアーの全体写真

ドラウンシケーダREVは2020年新発売の羽根を自動で閉じるセミルアー!

FISHING JAPAN 編集部

ダイワから2020年新発売されるドラウンシケーダREVは、バス釣りはもちろん、ナマズやライギョ釣りにも活用可能な、トップウォーター用のセミルアーです。

既存のセミルアーと異なるのは、ボディの左右に付いている羽根パーツが、バネによって自動的に閉じること。

確かに水面に落ちて暴れているセミは、その動きを止めた瞬間、羽根をきっちり閉じていることが多いですよね。

自然界に棲むセミの様子をリアルに再現した、画期的なルアーの登場です。

ドラウンシケーダREVとは

ドラウンシケーダREVは、バス釣り用に開発されたセミルアーです。

サイズ設定は、全長41ミリとコンパクトで、自重は4.6グラムと軽めです。

ラインアイが、ボディの最後尾に付いているので、頭を前にして飛んでいく格好になりますね。

既存のクローラーベイトとは、真逆の姿勢になるのが興味深いポイントです。

ドラウンシケーダREVは自動的に羽根が閉じる仕組み

このセミルアーには、特別な仕組みが導入されています。

羽根パーツの付け根にバネが装着されていて、リトリーブ時に水の抵抗で開いていた羽根が、リトリーブを止めると自動的に閉じるようになっているのです。

セミが水面に落ちた際、羽根を閉じているケースが多いですから、それを模したということでしょう。

リアルさの追求が、いよいよここまで来たかという印象ですね。

羽根が自動的に閉じることによって、キャストの際の飛距離も伸びるでしょう。

ダイワ(Daiwa) ルアー ドラウンシケーダ REV クリアブラウン

ダイワ(Daiwa) ルアー ドラウンシケーダ REV クリアブラウン

最安値価格
¥1,300(Yahoo!)

Amazonへ ¥1,463

楽天市場へ ¥1,317

Yahoo!へ ¥1,300

10番サイズのトレブルフックを標準装備

ドラウンシケーダREVには、トレブルフックの10番サイズが2つ、標準装備されています。

お腹部分と最後尾に付いているので、フッキング効率が高まりますね。

どちらもサクサスフック仕上げですから、刺さりも良く、ダークトーンの色合いがセミの足にも見えるでしょう。

オールシーズン使えるセミルアー

水面を羽根パーツで攪拌するセミルアーは、セミの多い季節はもちろん、寒い冬場でも効果的に使えます。

羽根によっていつでも制動がかけられるので、任意のポイントでルアーを静止させやすいからです。

水温が下がる冬は、深場から水面までバスは上がって来なくてはいけませんから、しっかり止めて誘えるセミルアーが、貴重なバイトを逃さずにフッキングに持ち込みやすいことになります。

ドラウンシケーダREVには、合計6種類のカラーが用意されています。

どれも実際のセミのカラーに似ていますが、視認性の高いものはアングラーが操作するのに便利でしょう。

2020年の4月に発売予定、メーカー希望販売価格は1,330円です。

新しいセミルアーの効果を、早くフィールドで実感したいですね!

ダイワの人気トップウォータールアーの評価・口コミは?

ダイワがリリースしているトップウォータールアーといえば、スティーズのポッパーフロッグやフロッグJr.が人気でしょう。

ひと口サイズでキャスタビリティが高く、扱いやすいのが特徴です。

ダイワ(DAIWA) フロッグ スティーズ ポッパーフロッグ Jr. ホワイトブラック

ダイワ(DAIWA) フロッグ スティーズ ポッパーフロッグ Jr. ホワイトブラック

最安値価格
¥980(amazon)

Amazonへ ¥980

楽天市場へ ¥1,056

Yahoo!へ ¥1,034

2020年ダイワ新製品の関連記事はこちら

ルアー」カテゴリの人気記事

ダイワ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング