新しいシーボーグの全体写真

シーボーグ300MJは2020年新発売の船釣り専用電動リール!メガツイン・プロ搭載

FISHING JAPAN 編集部

2020年ダイワから新発売されるシーボーグ300MJは、小型電動リールに必要な操作性・軽量化などをブラッシュアップさせた最新鋭モデルです。

ワンハンドで使えるアルミジョグパワーレバーは、濡れた指先でも繊細な操作ができますし、メガツイン・プロは、Hi/Loギア切り替えでスムーズなギアシフトを釣りに活かせるようになっています。

その詳しいスペックをご紹介しましょう。

シーボーグ300MJとは

シーボーグ300MJは、船釣り専用小型電動リールです。

直流12ボルト仕様ですから、メーカーが指定する専用バッテリーを使うことで機能をフルに発揮できますよ。

右巻きと左巻きの2タイプから選べるようになっています。

ギア比は4.4対1で自重670グラム、最大ドラグ力は13キロに設定されています。

シーボーグ300MJにはメガツイン・プロを搭載

このリールに搭載されているメガツイン・プロは、Hiギヤ・Loギヤの切り換えによって、スピードとパワーを両立可能な仕組みを提供しています。

例えば、仕掛けの回収時はスピードモードで効率よく回収し、魚とのファイトが始まればパワーモードで強い巻き上げ力を発揮できますよ。

またギヤの切り替え時の変速ショックが小さく、とてもスムーズなギヤチェンジができるようになっています。

アルミジョグパワーレバーでラクラク操作

シーボーグ300MJには、アルミジョグパワーレバーが搭載されています。

パワーレバーの位置をボディ中央に移してあり、竿を握った手の親指一本で巻き上げやクラッチのオンオフを実施できます。

仕掛けの投入やタナ取り、アワセ・魚とのやり取り・回収などをスムーズにおこなえますよ。

これにより空き手は、レバーの操作から完全に解放されるので、ロッド操作に専念できるようになりました。

マグマックスモーターを採用

このリールには、マグマックスモーターを搭載しています。

特殊ネオジウム磁石を採用して作られており、負荷の少ない低回転時にもじゅうぶんなトルクを発生させることが可能です。

大型の青物や大型マダイの突っ込みにも負けないタフさや、スルメイカの多点掛けを巻き上げるパワーを兼ね備えていますよ。

シーボーグ300MJは、2020年の3月に発売予定です。

チョイ巻きスイッチや名人シャクリスイッチなど、多彩な機能を満載しているのも嬉しいですね。

メモリーバックアップ機能が付いていますから、今日の釣りを次回にも活かせるようになっています。

早く船上で使いこなしてみたいですね!

既存モデル・シーボーグ300Jの評価・口コミは?

既存モデルのダイワ・シーボーグ300Jの人気も上々です。

扱いやすさは、ダイワ電動リールの定評となっているようですね。

ダイワ(DAIWA) リール シーボーグ 300J

ダイワ(DAIWA) リール シーボーグ 300J

参考価格:¥60,267

Amazonへ

同型の200JとLEOBLITZも所持してますが、300Jのパワーは最高!
普段の釣りで、MJほどは必要なく何の不満も感じません。
このクラスではこれ以外には無いでしょう。

出典:アマゾン

2020年ダイワ新製品関連記事はこちら

DAILYランキング