ワイルドピーナッツの全体写真

ワイルドピーナッツのワイルドってなんだ!?2020年新発売の新しいピーナッツに注目

FISHING JAPAN 編集部

ダイワから2020年、これまで見たことのないピーナッツが新発売されます。

その名称は、ワイルドピーナッツ。

いったいどの辺りがワイルドなのでしょう?

極端に突き出たロングリップは、ディープクランクであることを意味しているのではないのでしょうか?

そのスペックについて詳しくチェックしてみましょう。

ワイルドピーナッツとは

ワイルドピーナッツは、バス釣り用に開発されたフローティング仕様のクランクベイトです。

サイズは2種類、全長50ミリサイズと40ミリサイズから選べるようになっていますよ。

50ミリサイズのほうは自重が9.3グラムで、水深2メートルまで潜るようになっています。

これまでのピーナッツよりも、深く潜行するように作られているようですね。

ワイルドピーナッツは破綻寸前のスーパーワイドアクション

このクランクベイトは、破綻寸前のスーパーワイドアクションに設定されているとのこと。

破綻寸前とは、クランクベイトの基本であるウォブリングアクション、つまり上から見て左右にボディを振るアクションが破綻しかけているということでしょう。

実際に破綻したクランクベイトをリトリーブしたことがありますが、ウォブリングを維持できずに回転してしまいます。

ということは、ワイルドピーナッツは、少し間違えば回転してしまうルアーなのでしょうか?

左右に蛇行して真っ直ぐに泳がないワイルドさ

ダイワのワイルドピーナッツ公式サイトによると、左右に蛇行して真っ直ぐに泳がないそうです。

これはもう本当にワイルドと呼ぶしかありませんね。

そしてその状態でボトムをリップでノックすると、逃げ惑うザリガニなどの甲殻類にそっくりだというのです。

なるほど、安定した泳ぎに作り込んでしまえば、バランスを崩しにくくなりますが、最初からアンバランスぎりぎりのセッティングにしておけば、ボトムノックした際のアクションがザリガニらしく見えるということでしょう。

これはなかなか斬新なアプローチですね!

全長40ミリのタイニーワイルドピーナッツもラインナップ

ワイルドピーナッツには、全長40ミリの少し小さなモデルもラインナップされています。

その名称は、タイニーワイルドピーナッツ。

潜行深度は1.5メートルと、ワイルトピーナッツよりは潜らないセッティングになっています。

フォルムが小さい分、タフコンディション下で効力を発揮してくれるに違いありません。

タイニーサイズのワイルドピーナッツ

タイニーワイルドピーナッツはちょっと小さめ

出典:ダイワ

ワイルドピーナッツには、全部で8種類のカラーが用意されています。

どのカラーも、ザリガニのようなクロー模様が施されているのが特徴で、ボトムノックを繰り返しながらバスを誘えるように仕上がっています。

2020年の5月に発売予定、シャローエリアへザリガニが乗り込んでくる時期に合わせて、その一歩手前のブレイクライン周りで誘いをかけるのに使ってみたいですね!

ダイワ(DAIWA) ルアー ピーナッツII SR チャートグリッター

ダイワ(DAIWA) ルアー ピーナッツII SR チャートグリッター

参考価格:¥647

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

ダイワ ルアー クランクベイト タイニーピーナッツ DR 40mm 4.5g ホロクラウン

ダイワ ルアー クランクベイト タイニーピーナッツ DR 40mm 4.5g ホロクラウン

参考価格:¥712

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

「ルアー」カテゴリの人気記事

「ダイワ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング