ポコクロの全体写真

ポコクロは2020年新発売のソフトボディを採用したクローラーベイト!

FISHING JAPAN 編集部

2020年ダイワより新発売となるクローラーベイトが、ポコクロです。

なんてカワイイ名前なんでしょう!

水面でポコポコ動いて、クロール泳ぎを披露してくれるみたいですよ。

外観フォルムはカエルそっくりですから、バスはもちろん、ライギョやナマズにも大好物になってもらえそうですね。

早速詳細スペックをチェックしてみましょう。

ポコクロとは

ポコクロは、ボディの左右側面に金属製の羽根が付いたクローラーベイトです。

水面に浮くようになっていますから、トップウォータールアーのカテゴリーに含まれますね。

全長66ミリとコンパクトながら、自重は20グラムもあります。

通常のベイトタックル、ミディアムからミディアムヘビーのパワーを持っているロッドで楽々キャストできるでしょう。

遠投を繰り返しながら魚の反応のある場所を見つけ出して、再度キャストして釣り上げたいですね。

ポコクロの左右両サイドには金属製の羽根を装備

このクローラーベイトには、金属製の羽根が付いています。

接合部分をよく見ると、いわゆるオールドルアーのジムドナリータイプ。

ヘドンの初代クレイジークローラーがパテント受けした接合方法と、よく似た形に仕上がっていますよ。

当然キャスト時には折り畳んだ状態になって、ボディ側面に沿うようになります。

空気抵抗を減らせるので、より遠くへ飛距離を伸ばすことができるでしょう。

着水後は左右に大きく開いて、水を確実にとらえながらクロールスイミングを披露してくれますよ。

あまり早くリトリーブするのではなく、スローに水を軽くタッチし続けるような感覚で、水面を泳がせてみましょう。

特殊弾性素材のフックハンガーを最後尾に配置

ポコクロの最後尾に注目してください。

まるで輪ゴムのようなものが装着されていますね。

これは特殊弾性素材で出来ているフックハンガーで、魚がバイトしてくると柔軟に伸び縮みするようになっています。

例えば、吸い込みバイトでも口にすっぽり入ってしまいますし、バイト後に魚が身をよじらせて暴れてもバレを防いでくれるでしょう。

ナマズなどの口周りの硬い魚を獲るのに、とても効果がありそうですね。

水の攪拌やフラッシング効果が期待できるブレード

このクローラーベイトには、ブレードがぶら下がっています。

水流をとらえて回転しますから、新たな波動とフラッシング効果を生むでしょう。

広範囲に散っている魚を集めるのに、威力を発揮してくれそうですね。

ポコクロには、全部で6種類のカラーが用意されています。

フックは、サクサス仕様の4番トレブルフックを標準装備していますので、ガッチリフッキングできますね。

2020年の4月に発売予定、スポーニングでシャローに上がってきたバスを迎撃してみましょう!

ダイワ(DAIWA) ルアー フッキングノイジー ブレードチューン ゴールドラッシュ

ダイワ(DAIWA) ルアー フッキングノイジー ブレードチューン ゴールドラッシュ

参考価格:¥1,732

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

レイドジャパン ダッジ【RJバス】

レイドジャパン ダッジ【RJバス】

参考価格:¥5,130

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

「ルアー」カテゴリの人気記事

「ダイワ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング