新しくなったソルティガリール

20ソルティガが登場!ダイワから2020年新発売のモノコックボディ+新型ドラグ搭載リール

FISHING JAPAN 編集部

ダイワの2020年新製品ラッシュは止まりません!

オフショアの大物釣りで活躍するあのソルティガも、フルモデルチェンジとなって登場です。

強靭なモノコックボディと新しいドラグシステム、そしてマグシールドに守られた大口径のギアなど、さまざまな機能が満載です。

その詳しいスペックを発売日と価格もあわせてチェックしてみましょう。

20ソルティガとは

20ソルティガは、海の大物を獲るための強靭で耐久性のあるスピニングリールです。

設定ラインナップは9種類、8000番から20000番まで用意されていますよ。

8000番なら、PEライン3号から4号を使った近海ジギングを目的に使えますし、10000番なら、PEライン4号から5号を使ったキハダ・ヒラマサのキャスティングゲームを楽しめますよ。

14000番なら、PEライン5号から8号を使ってヒラマサ・カンパチなどの大型魚をターゲットに離島遠征などを計画してみましょう。

20000番なら、大型のクロマグロを仕留めることができます。

20ソルティガにはモノコックボディを採用

このスピニングリールには、モノコックボディが採用されています。

モノコックボディによって一体成型となり、カバーを留めるネジ自体が不要となりました。

当然従来構造よりもボディ内部のスペースを広く取れるようになって、より強力で大口径のギアを収納できるようになっています。

大きいギアは、その強度もアップし、15ソルティガのギアを比較すると、ほぼ2倍の強度を達成していますよ。

新しいドラグシステムを搭載して大物に対応

20ソルティガには、新しいドラグシステムが搭載されています。

15ソルティガでは6枚だったドラグワッシャーが、新しいドラグでは14枚に増加。

放熱しやすい構造に変えたことにより、既存モデルの10倍以上の耐久性を実現しています。

これなら大物が掛かってガンガン走られても、じゅうぶんに耐えながらやり取りを楽しむことができますね。

ソルティガのデモンストレーション動画はこちら

アルミエアローターを採用

このリールのローターには、アルミ素材のエアローターを採用しています。

ザイオン製のローターと比較すると、たわみ剛性が2倍以上にアップ。

強烈な引きに耐えながらラインを巻き取るには、ローターにも強さが求められますから、このスペック変更は嬉しいですね。

20ソルティガには、各所にマグシールドによる防水機能が付加されています。

ボディはもちろん、ボールベアリングやラインローラーにまでマグシールドが施されているので、スムーズな回転性能を長く維持することが可能です。

20ソルティガの発売日や価格は?

20ソルティガは、2020年の2月に発売予定となっています。

具体的な発売日はまだ未定ですが、各通販サイトやネットショッピングではすでに予約を受け付けが始まっているところもありますよ。

20ルビアスの価格帯は、8000番~14000番がメーカー希望販売価格で119,000円、18000番~20000番が129,800円です。

お値段は張りますが、メーカー希望販売価格なので少し下回るのではないでしょうか。

今年のオフショアシーンは20ソルティガ一色になりそうな予感ですね!

旧モデル ソルティガ の評判や口コミをチェック!

旧モデル 15ソルティガ の4500番です。

ダイワ(Daiwa) スピニングリール 15 ソルティガ 4500H

ダイワ(Daiwa) スピニングリール 15 ソルティガ 4500H

参考価格:¥78,606

Amazonへ

楽天市場へ

このクラスになるとハイギアでも巻きが軽く感じます。
ワラサクラスもゴリ巻きで寄せれます。
耐久性も高いので丁寧に使えば10年は使えそうなのです。

出典:Amazon

素晴らしい商品です。カタクチイワシを釣る為に購入しました。カタクチイワシの強靭な引きにも難なく耐え、余裕で抜き上げてやりました!

出典:Amazon

お値段はするものの、ハイギアで耐久性があるのでオフショアに対応できると好評です。

20ソルティガも8000番から20000番、9種の豊富なラインナップが取り備えられていますので、ますます幅広いオフショアフィッシングに適応してくれることでしょう。

みなさんも、ぜひお店で実際にさわって20ソルティガの性能をお試し下さい!

ソルティガの関連記事はこちら

「スピニングリール」カテゴリの人気記事

「ダイワ」カテゴリの人気記事

「ソルティガ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング