トップジョージに新しいカラーが追加ラインナップ

トップジョージに2020年追加カラーが仲間入り!ブレードタイプとスカートタイプ

FISHING JAPAN 編集部

ラインスラックから発売中のトップジョージに、2020年追加カラーが設定されました。

表題のスカートタイプに3種類、ブレードタイプに3種類の合計6つ。

これでまたバス釣りのトップウォーターシーンが、楽しくなりますね。

トップジョージとは

トップジョージは、バスを釣るためのトップウォータールアーです。

全長7.5センチで自重18グラム、外観はフナのように平べったい姿をしています。

当然横方向からの視認性が高く、バスに見つけてもらいやすいメリットがありますね。

アクションを加えるとボディを左右に倒しますから、下から見上げているバスは、いきなり側面の広さを見ることになります。

そこからルアーを静止させると、薄いボディを見上げることになるので、対象物のボリュームやシルエットが一定のものではなくなります。

この刺激が、ルアーに興味を持って接近してくれる要因となるのです。

トップジョージのブレードタイプ

このルアーには、最後尾にブレードの付いたものがあります。

ボディの重心と絶妙なバランスを構築していて、水平浮き姿勢からの崩れ方が絶妙ですよ。

まるで小魚が身体をひねって逃走アクションを始めるかのようです。

その際にブレードが回転して、フラッシング効果や水ま攪拌効果を発生、バスの捕食スイッチをオンにしてくれます。

フラットスカート装着タイプ

トップジョージには、最後尾にフラットスカートが装備されているタイプも用意されています。

着水後のフレアはバツグンで、その漂う様子を見てバスは浮上してきます。

スカートの比重は高めに作られていますから、真っ直ぐ水面に伸びるのではなく、真下に向かってゆっくりと垂れ下がっていきます。

これが強い誘いとなり、バスが豪快にバイトしてくれますよ。

実際に使ってみたインプレ

実際にトップジョージを使ってみたインプレは、扱いやすく誘いやすいということ。

キャストの際に空気抵抗を強く感じることなく、意図したピンポイントへ確実に送り込むことが可能です。

フラットサイドデザインなので着水音が小さく、バスを驚かせずにアプローチできるのが嬉しいですね。

ラインを強く引っ張ると、その位置からダイブします。

潜らせてから水面までフワリと浮かせることで、周囲の水を効果的にヨレさせることができますよ。

それを見たバスが一気に接近してきたら、しばらくアクションを止めて誘ってみましょう。

トップジョージの使い方解説動画はこちら

トップジョージの追加カラーは、全部で6種類です。

釣り場のシチュエーションに合わせて、使い分けながらバスの反応を見るようにしましょう。

着水後すぐにアクションさせずに、しばらく浮かせておくことが大切です。

その静止状態がバスを引き寄せることにつながり、豪快なバイトを味わえるでしょう。

ルアー」カテゴリの人気記事

DAILYランキング