スティーズクランク300の全体写真

スティーズ クランク300で水深3メートルに沈む冬のディープカバーを攻略しよう!

FISHING JAPAN 編集部

ダイワから発売中のクランクベイト・スティーズ クランク300を使って、冬のディープゾーンに棲むバスを攻略しましょう。

スティーズクランクには、システマティックに潜行深度を選べるラインナップが用意されていて、300タイプは最もディープゾーンに潜れる機能を保持しています。

なんと!水深3~4メートルまで潜れるので、その層に沈んでいるカバーやストラクチャーを効率よく叩くことができますよ。

スティーズ クランク300とは

スティーズ クランク300は、全長61ミリで自重18グラムのクランクベイトです。

リップが長めにデザインされているので、ラインナップの中では最も深い層へ潜ることができますよ。

冬のバスは、気温が低くなってその影響を受けやすい表層を嫌う傾向があります。

中層からボトムに近い層まで、深く潜行する習性がありますから、バスが停滞している場所を直撃できるルアーが求められるわけです。

バツグンの飛距離を誇るスティーズ クランク300

このクランクベイトなら、飛距離がバツグンに伸びますから、広範囲を探ることができます。

伸びた飛距離のぶんだけ、潜行深度を稼ぐことも可能に。

水深3メートルから4メートルといった、バスが冬にスクールしやすい水深に絞って、リップでトレースできるのは嬉しいですね。

ウォブリングアクションのメリット

スティーズ クランク300は、ウォブリングアクションとロールアクションを複合させたアクションを得意としています。

ウォブリングアクションとは、ルアーを上から見下ろした状態で左右にボディを振るアクションのこと。

ルアーの左右にある水の壁を、強く押すことができるので、遠くにいるバスにもルアーの存在を気づいてもらえるでしょう。

スティーズ クランク300の実釣インプレ動画はこちら

ロールアクションのメリット

ロールアクションとは、ルアーを真正面から見て円運動を繰り返すアクションのことです。

これにより、バスはルアーの側面→腹部→逆側面を連続して見ることになるわけで、明滅効果が期待できます。

ボディシルエットが定まらないメリットがあるため、バスがルアーを見切りにくく、キャストを繰り返しても釣れる可能性をキープできます。

ダイワ(DAIWA) ルアー スティーズ クランク 300 セクシーゴースト

ダイワ(DAIWA) ルアー スティーズ クランク 300 セクシーゴースト

参考価格:¥1,460

Amazonへ

楽天市場へ

ダイワ(DAIWA) ルアー スティーズ クランク 300 クロキン

ダイワ(DAIWA) ルアー スティーズ クランク 300 クロキン

参考価格:¥1,460

Amazonへ

楽天市場へ

スティーズ クランク300をディープゾーンへ送り込んでみましょう。

釣り方は岸際から5メートル以上離れて、尚且つ岸際と平行にルアーをキャストすること。

そうしながら、リップに接触する場所をいくつかピックアップして、何度も丁寧にリップでなぞるようなアプローチを繰り返してください。

リップが接触するということは、水深3メートルより浅いところにボトムやカバーが存在するということで、接触が無ければもっと深くなっている場所になります。

バスが釣れた水深を覚えておいて、同じ水深に接触箇所があるようなポイントを徹底的に攻めるようにしましょう。

ルアー」カテゴリの人気記事

ダイワ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング