チヌークSに新色が登場

チヌークSに2020年追加カラーがラインナップ!サクラマス狙いに

FISHING JAPAN 編集部

ダイワからリリースされているチヌークSは、定番のスプーンルアー。

よく飛んでよく潜るイメージが強く、そしてウォブラー独特の振動が、絶え間なく手元に伝わってくる名作です。

安定して使えるイチバンの要因は、奇をてらったデザインやウエイトバランスを採用していないこと。

アングラーが予測している範疇に、ピタッ!とハマってくれる感じが、素晴らしいですね。

2020年には追加カラーがラインナップされる予定、ますます使いたくなるのは間違いないでしょう。

チヌークSってどんなスプーンルアーなの?基本スペックはこちら

チヌークSは、河川でサクラマスを狙うのに効果的なスプーンルアーです。

ウエイト設定は7グラムからですが、2020年の追加カラーは、10グラム・14グラム・17グラム・21グラム・25グラムから選べるようになっていますよ。

中~本流域でのキャスタビリティを考えれば、10グラム以上で選択できるのは納得のラインナップですよね。

チヌークSのフック仕様

このスプーンルアーには、トレブルフックとシングルフックがカラー別に標準装備されています。

2020年の追加カラー分には、オーナー社のS61シングルブラックフックが17グラムのタイプまで付いています。

S61シングルフックは、ボトムまで落としてトレースしても、根掛かりしにくいゲイブデザインになっています。

21グラムと25グラムにはフックが付いていませんので、注意してくださいね。

ボディフォルムをチェック

チヌークSは、細身フォルムで肉厚に仕上げられています。

キャスタビリティをキープしながら、さまざまなポイントで活用できますよ。

例えば、流れの早いところや深場でも、そのままリトリーブしてみましょう。

ファストリトリーブでもしっかりアクションしてくれるので、とても扱いやすい印象です。

ローカルルールやマナーを守ってサクラマス釣りを楽しもう!

サクラマスの釣り場は、毎年アングラーで混み合います。

先行者が居れば、そのそばで釣りを始めるのは止めましょう。

また河川には、釣り禁止エリアが多数設定されています。

河口堰付近や魚道の入口・出口などで指定のあるところがありますので、じゅうぶんに調べてからロッドを振るようにしてください。

ダイワ(DAIWA) トラウト スプーン レーザーチヌークS シングルフック 25g クロキンヤマメ ルアー

ダイワ(DAIWA) トラウト スプーン レーザーチヌークS シングルフック 25g クロキンヤマメ ルアー

最安値価格
¥581(楽天市場)

Amazonへ ¥726

楽天市場へ ¥581

Yahoo!へ ¥726

チヌークSには、合計6種類の追加カラーがリリース予定されています。

●紅ブラック

●C

●ピンクグロー

●チャートグロー

●ドピンク

●ダイヤオレンジ

2020年の2月に発売予定で、メーカー希望販売価格は550円です。

サクラマスシーズン突入までに、きっちり揃えて準備を整えておきたいですね。

リールのライン巻き換えやロッドのガイドチェック、ランディングネットの用意など、必要タックルの見直しも実施しておきましょう。

世界を知る男、テイルウォークの春日和年氏監修!モンスター級のトラウトともやり取り可能な「ケイソン ランズバック スペックK」の魅力を徹底紹介!

テイルウォークから、ケイソン ランズバックシリーズのスペックNに加え、新たに「スペックK」が2020年春に発売されます! スペックNは、東北の河を知るカリスマアングラー中野佑希氏の監修…

FISHING JAPAN 編集部
世界を知る男、テイルウォークの春日和年氏監修!モンスター級のトラウトともやり取り可能な「ケイソン ランズバック スペックK」の魅力を徹底紹介!

トラウト」カテゴリの人気記事

ルアー」カテゴリの人気記事

ダイワ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング