黒基調のスプラッタ仕上げがシブい

バンタム ラトリンサバイブに2020年追加カラーが登場!コンパクトなのに立ち上がり感がスゴイ

FISHING JAPAN 編集部

シマノのバス釣り用バイブレーションルアー・バンタム ラトリンサバイブに、2020年追加カラーが限定で発売されます。

このバイブレーションは、シンプルな面構成のデザインが特徴で扱いやすいと評価されていますよ。

基本に忠実なアクション、フォールの際にしっかり揺れるウエイト設定、幅広な背中が水を確実にとらえる等々、よく作り込まれている印象です。

実際にキャストしてみたインプレも含め、詳しい特徴をご紹介しましょう。

バンタム ラトリンサバイブってどんなルアーなの?基本スペックはこちら

バンタム ラトリンサバイブは、バス釣り用に作られたコンパクトなバイブレーションルアーです。

サイズ設定は、全長62ミリで自重14グラム。

一般的なバイブレーションと比較すると、やや小さめな印象ですが、ウエイトはしっかり載っているというところでしょうか。

このバランスなら、遠投に向いていますし、フォールで水中のハンプやカバーをタッチしにいくのもやりやすいでしょう。

バンタム ラトリンサバイブには6番サイズのトレブルフックを標準装備

このルアーには、6番サイズのトレブルフックが2つ装備されています。

6番って結構大きいんですよね。

それを前後にぶら下げると、お互いに干渉し合って引っ掛かることが懸念されますが、このルアーの場合は心配ありません。

腹部のデザインが、フック同士を近づけないように工夫されていて、連続キャストをしてもトラブルレス。

これならストレスを感じずに、広範囲をテンポよくサーチすることができるでしょう。

実際にキャストしてみたインプレを公開

バンタム ラトリンサバイブを実際にキャストしてみました。

インプレをおこなう際に注意しているのが、操作性と耐久性。

まずはキャストして、ボトムまで沈めてみます。

そうすると、ボトムでしっかり立つんですよね。

横倒れしてしまうと、フックがボトムの凹凸を拾う可能性が高くなるのですが、それは皆無。

当然リフト&フォールのアプローチがやりやすく、手返しよく次のポイントを攻めることができましたよ。

シミーフォールを体感

このルアーは、シミーフォールするということでしたので、実際に落とし込んでみました。

確かに左右にボティを揺らしながらフォールしていきます。

ただし、振り幅や回数を見ると、もの足りない印象が拭えません。

もっと振らなければ、効果的なラトル音が発生しないのではないでしょうか?

それとも、これくらいの発生音のほうが、バスに効くとメーカーは判断しているのでしょうか?

音よりも揺れのほうを重視しているのかもしれませんが、シミーフォールがバスに効果的であるところを、もっとアピールしてもらいたいですね。

シマノ ルアー バス バイブレーション バンタム ラトリンサバイブ 62mm 14g ZV-107P

シマノ ルアー バス バイブレーション バンタム ラトリンサバイブ 62mm 14g ZV-107P

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

バンタム ラトリンサバイブには、2020年に追加カラーが限定でリリースされます。

●ブラックSPカラー

●ロイヤルスプラッタカラー

魅力的なカラーですから、限定生産はちょっと惜しいですね。

今から釣具店に予約を入れておきましょう。

バス釣り」カテゴリの人気記事

ルアー」カテゴリの人気記事

シマノ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング