輝く金色のスピナー

シルバークリーク スピナーのインプレ動画をチェック!2020年には追加カラーも登場

FISHING JAPAN 編集部

ダイワからリリースされている定番のシルバークリーク スピナーに、2020年追加カラーがラインナップされます。

渓流のネイティブトラウトをターゲットにルアーを投入する際、なかなか口を使ってくれないケースがあります。

流行りのフラットサイドミノーやロングビルシャッド、はたまたスプーンでアプローチしても釣果が芳しくないときに、ぜひスピナーをキャストしてください。

スピナーには回転ブレードが搭載されていて、フラッシング効果と波動を生む仕組みが組み込まれています。

それがトラウトを捕食モードに切り替えてくれるのです。

シルバークリーク スピナーってどんなルアーなの?基本スペックはこちら

シルバークリーク スピナーは、渓流に棲むネイティブトラウトを釣るためのルアーです。

ウエイト設定は3種類、3.0グラム・4.0グラム・6.0グラムから選ぶことができますよ。

重いほうがキャスタビリティは高く、遠いポイントまで届けることができます。

しかしながら、沈みが早いというデメリットが伴ないますから、根掛かりの心配が。

そんなシチュエーションに遭遇したら、軽めのウエイトをローテーションに組み込むようにしてください。

シルバークリーク スピナーはローリングスイベル一体型ボディ

このスピナーのラインアイに注目してみましょう。

ローリングスイベルが装着されているのではなく、ボディシャフトと一体型になっています。

これにより、糸ヨレの心配がほぼ要らなくなりました。

スピナーはその構造から、どうしても水の流れの中で回転してしまうもの。

それが糸ヨレの原因となり、ライントラブルへとつながってしまうのです。

このローリングスイベル一体型ボディなら、ラインがヨレ始めた瞬間にスイベルが回転し、完全にヨレてしまうのを防いでくれます。

実際にキャストしてみたインプレを公開

シルバークリーク スピナーを実際にキャストしてみたインプレをご紹介しましょう。

まず驚くのが、キャストして着水と同時にブレードの回転が始まること。

この回転レスポンスの良さは、そのまま釣果に直結するメリットといえるでしょう。

それから水面にすぐに飛び出さないことも、大きな強みになります。

ネイティブトラウトは、追従をしても水面を割ってしまうルアーを見た瞬間、離れてしまいがちですから、安定して水面下をリトリーブできるのは嬉しいですね。

ブラックカラーのトレブルフックを標準装備

このルアーには、ブラックカラーのトレブルフックが標準装備されています。

サイズは12番ですから、トラウトの口にすっぽり入ってしまえるサイズですね。

強めのフッキングをせず、ロッドティップに重みを感じたらロッドを立てるぐらいの感覚で、フックを貫通させるようにしましょう。

シルバークリーク スピナーのインプレ解説動画はこちら

シルバークリーク スピナーには、2020年に追加カラーが発売されます。

●金カラー

●銀カラー

●銅カラー

メーカー希望販売価格は、全サイズ500円と大変リーズナブル。

渓流シーズンに向けて、しっかり準備をしておきたいですね。

ダイワ(DAIWA) トラウト シルバークリーク スピナー 3.0g 珈琲 ルアー

ダイワ(DAIWA) トラウト シルバークリーク スピナー 3.0g 珈琲 ルアー

最安値価格
¥440(amazon)

Amazonへ ¥440

楽天市場へ ¥440

Yahoo!へ ¥440

トラウト」カテゴリの人気記事

ルアー」カテゴリの人気記事

ダイワ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング