渓流で映えるチェリーヤマメカラー

定番のシルバークリーク シャッドに2020年追加カラーが2種類登場!

FISHING JAPAN 編集部

シルバークリーク シャッドは、ダイワからリリースされている渓流域のフィッシュイーターたちをターゲットにした、ロングビルシャッドです。

2020年には、2種類の追加カラーが新たに登場。

使い方に幅が生まれるので、より一層釣れるルアーとしての人気が高まりそうですね。

ここでは、実釣解説動画を交えながら、その詳しい特徴に迫ってみましょう。

シルバークリーク シャッドってどんなルアーなの?基本スペックはこちら

シルバークリーク シャッドは、渓流域のフィッシュイーターをとらえるためのシャッドルアーです。

サイズは、全長50ミリ。

設定ウエイトは、2種類用意されていますよ。

シルバークリーク シャッド50Fをチェック!フローティングのメリットとは

シルバークリーク シャッド50Fは、フローティングタイプになっていて、ウエイトは3.2グラムです。

キャストして泳がせてみると、水中に入ってからウォブリングアクションをスタートさせるまでがとても早いですね。

でも、キビキビ感があるというよりは、ゆったりとボディを揺らして魚にアピールしているような印象を受けます。

渓流での流行りは、フラットサイド系のヘビーシンキングミノーですが、その動きとは明らかに異なりますから、ルアーローテーションの一角を担える要素を保持しているといえるでしょう。

食わないときの誘い方に、またひとつ引き出しが増えたというイメージでしょうか。

シルバークリーク シャッド50Sはシンキング仕様!

シルバークリーク シャッド50Sは、シンキングタイプです。

ウエイトは3.7グラムですから、急速にボトムへ向かって沈下していく感じはないですね。

流れの強いエリアで、流れに負けないようにルアーを動かしたいときに重宝するでしょう。

キャストして放っておくと沈んでしまいますから、ハイピッチなリトリーブでサーチベイトとして活用できるイメージですね。

水深のあるところでキルを入れて少し落とし込むのも、有効な誘いの手段になりそうです。

シルバークリーク シャッドの解説動画

アルミ貼りの艶かしい輝きで魚を誘う!

このシャッドルアーには、アルミ貼り塗装が施されています。

側面がフラットに近いこともあって、トゥイッチの瞬間のフラッシングがとても効果的に光ってくれます。

リトリーブからのトゥイッチングには、じゅうぶんに釣れる要素が載っていると確信できますよ。

フックは、50F・50Sともに10番サイズのブラックトレブルフックを換装。

違和感なく魚がくわえやすい配慮だといえるでしょう。

シルバークリーク シャッドのフィールドインプレッション動画

シルバークリーク シャッドには、2020年に追加カラーがラインナップされます。

●チェリーヤマメカラー

●ゴールデンヤマメカラー

どちらもクリアウォーターの中で映える配色で、魚の食いや追いに対して、しっかりとしたアクセントを発生させてくれるに違いありません。

新しい年の渓流シーズンが待ち遠しくなりますね!

DAILYランキング