釣れるバス釣りワーム・パドチューのアップ写真

冬のバス釣りに欠かせないワーム・パドチューに2019年追加カラーが登場!

FISHING JAPAN 編集部

ノリーズからリリースされているバス釣り用ワーム・パドチューに、2019年追加カラーがラインナップされます。

冬の低活性バスをリアクションバイトで獲っていくのに、とても重宝するコンパクトベイトですよね。

ひと口サイズですから一瞬で口の中に吸い込んでくれますし、チューブ=中空ボディなのでカンタンに潰れてフッキングの邪魔になりません。

その詳しい特徴と実釣動画をチェックしてみましょう。

パドチューの基本スペックはこちら!

パドチューは、チューブワームと同じ中空構造のバス釣り用ワームです。

サイズは全長69ミリですから、まさにひと口サイズ。

水中に棲む藻エビや、小魚のゴリ・ドンコなどによく似ているフォルムに仕上がっています。

甲殻類も小魚も、カバーに付きやすい特性を持っていますが、冬場のように水温が下がると、ボトムべったりに付くケースも発生しやすくなります。

理由は、表層よりも水温が高いからで、そこでうごめく小動物をパドチューで演じてやればいいのです。

パドチューをジグヘッドリグにセットしてみよう!

このワームは中空構造ですから、その中にジグヘッドを挿入するだけでジグヘッドリグが完成しますよ。

しかも後半部には、パドルテールが突き出していますから、フラフラと水中を漂わせるフラッタリングアクションを起こすことが可能です。

このパドルテール、上下方向にフラットなので、ロッドティップをタテ方向に持ち上げると、しっかり水をとらえることに。

逆にロッドティップを下げると、下から水に押し上げられる格好になり、左右へダートするか、スパイラルアクションを引き起こせるのです。

多彩なアクションを駆使して、バスのバイトを誘いましょう。

ダウンショットリグにもマッチ!

パドチューをマスバリやオフセットフックにセットして、ダウンショットリグでアプローチするのも効果的です。

中空構造なので、体内の空気が入ります。

これによる浮力が、ダウンショットリグの際にボディを水平姿勢に保ってくれるように。

バスはこの水平姿勢にかなり興味を持ちますから、じっくり誘ってはアクションを止めて、バイトを待つようにしてください。

伊藤巧プロがパドチューでバスを攻略

アメリカのバストーナメント参戦中の伊藤巧プロがパドチューを解説

ノリーズのフィールドテスター・伊藤巧プロが、パドチューを使ってバスを攻略する動画を見つけました。

彼の解説は、とても丁寧で分かりやすく、自分もこのルアーを使ってみよう!という気分にさせてくれますよね。

アメリカのバストーナメントに参戦中ですから、パドチューを使って上位入賞する姿も見てみたいものです。

パドチューに2019年追加ラインナップされる3つのカラーは、次の通りです。

●029スモークプロブルー

●123アメザリ♂

●380ダッピ

どれも実際にフィールドで見かける小動物そっくりのカラーなので、釣れる期待が高まりますね。

ノリーズ・パドチューは、メーカー希望販売価格・610円で、全国の釣具店やネット通販サイトで購入することがてきますよ。

DAILYランキング