ジグヘッド全ウエイトがズラリ

アジマメマイクロジグヘッドは2019年新発売のアジング・メバリングに活用したいジグヘッド!

FISHING JAPAN 編集部

2019年ジャッカルから新発売されるアジマメマイクロジグヘッドは、アジングやメバリングなどのライトソルトゲームで活躍してくれる専用ジグヘッドです。

ズラリと用意されたヘッドウエイトのバリエーション、これだけカバーしてくれていれば、あらゆるシチュエーションを攻略することが可能です。

ライトラインが当たり前になったアジングでは、ジグヘッドの形状が手元の感度に大きな影響を与えますから、最新のスペックを搭載したアジマメマイクロジグヘッドに、俄然注目が集まるでしょう。

アジマメマイクロジグヘッドの基本スペックはこちら!

アジマメマイクロジグヘッドは、ライトソルトゲームを楽しむために作られた専用ジグヘッドです。

設定ウエイトは5種類、0.2グラム・0.4グラム・0.6グラム・0.8グラム・1.0グラムの中から選ぶことができますよ。

接近戦からロングキャストによるサーチアプローチまで、あらゆるシチュエーションで活躍してくれそうですね。

アジマメマイクロジグヘッドに使われている素材に注目!

このジグベッドの最大の特徴は、ヘッド部分に使われている素材です。

既存のジグヘッドには、比重の高いタングステンや鉛がよく用いられていましたよね。

でも高比重素材だと、ヘッドそのもののボリューム感が損なわれて、小さな形状にとどまってしまいます。

そうなると水中ではあまり水の抵抗を受けなくなり、ロッドを操作している手元感度も落ちてしまいがちに。

そういうデメリットを防ぐために、このアイテムでは亜鉛を採用しています。

比重の低い亜鉛を採用

アジマメマイクロジグヘッドのヘッド部分には、比重の低い亜鉛を使っているので、既存のジグヘッドよりも大きなデザインに仕上げることが可能です。

ヘッド部分か大きくボリュームのあるものにすれば、水の抵抗を強く受けることになりますよね。

同じウエイトなら、水の抵抗の大きいほうが、ロッドを握る手元に伝わる情報量も多くなるでしょうし、しっかりとした操作感も得られるでしょう。

ヘッド部分の上面はフラット

このジグヘッドのヘッド部分を上から見てみましょう。

ずいぶんと幅広でフラット面が露わになっていますよ。

ラインアイの真下がこの形状ですから、手元に伝わる操作感が、より明確なものとなるでしょう。

こういった細やかな工夫が、製品の性能を支えるベースを作り出しているのです。

アジマメマイクロジグヘッドにワームをセットしてみました。

フック部分のシャンクが短いので、ワームがフレキシブルにアクションしてくれますよ。

またフックのゲイブが鋭角になっているので、ワームがズレにくいメリットも。

メーカー希望販売価格は、5個入りが380円で、15個入りが980円です。

今年のアジング・メバリングシーンに是非持ち込んで試してみてはいかがでしょう。

アジング」カテゴリの人気記事

メバリング」カテゴリの人気記事

ワーム」カテゴリの人気記事

DAILYランキング