スティーズAIR TWの右ハンドルタイプ

スティーズAIR TWは2020年新発売のベイトフィネス専用リール!直径28ミリスプールを搭載

FISHING JAPAN 編集部

スティーズAIR TWは、2020年ダイワから新発売となる、ベイトフィネス専用リールです。

フラッグシップモデルのスティーズシリーズに、待ちに待ったベイトフィネスリールが登場しますよ。

注目は、何と言っても搭載されているスプール!

直径が28ミリしかありません。

このスペックがもたらすメリットについて、詳しくチェックしてみましょう。

スティーズAIR TWってどんなベイトリールなの?基本スペックはこちら

スティーズAIR TWは、小型・軽量なルアーをトラブルなくキャストするための、ベイトフィネス専用リールです。

過去において、スピニングタックルでないと扱えなかった3グラム前後のミノーやクランクベイト・ワームのノーシンカーリグでさえ、容易にキャストできるようになります。

となれば、このリールをセットしているロッド1本で、かなり多くのルアーを操れることに。

カヤックやフローターはもちろん、あまりタックルを持ち歩けないおかっぱりスタイルのアングラーに朗報といえるでしょう。

スティーズAIR TWの自重は驚異の135グラム

このリールの自重は、全ての機種が135グラムで統一されています。

135グラムとは、相当軽量化が図られたリールといえますね。

ベイトフィネスロッドの自重が、大体100グラム前後ですから、合わせても235グラム前後しかありません。

オールドABUの丸型リール・アンバサダー5500Cで300グラムを超えますので、リール1台よりも軽量なタックルが扱えるようになるわけです。

手首や腕への負担が減りますし、キャストを続けても疲れが溜まらなくなるのは嬉しいですね。

最大ドラグ力は3.5キロ

スティーズAIR TWの最大ドラグ力は、3.5キロで統一されています。

これだけのドラグ力があれば、2キロクラスのランカーバスが掛かっても安心してやり取りがおこなえるでしょう。

ただし、ガチガチにドラグを締めこんで使うことは避けたほうがいいかもしれません。

フッキング時のパワーロスを発生させない程度までドラグを締めて使うようにして、釣行後は完全にドラグを緩めて保管することをおすすめします。

スティーズAIR TWの全景が分かる動画はこちら

ラインキャパは8ポンドラインを45メートルまでOK

このリールのラインキャパは、8ポンドのナイロンラインなら45メートルまで巻くことが可能です。

直径28ミリの小型スプールにしては、じゅうぶんな糸巻き量といえるでしょう。

ベイトフィネスのアプローチでは、大体7メートルから15メートル前後の近距離戦になるケースが多いですから、使わないラインをスプールにとどめておく必要はありません。

徹底した合理主義が、このスプールサイズを導き出したのかもしれませんね。

スティーズAIR TWには、2つのギア比が用意されています。

ギア比6.8対1のタイプは、ハンドル1巻きでラインを60センチ巻き取れますよ。

ギア比9.1対1のタイプは、ハンドル1巻きでラインを80センチも巻き取ることが可能です。

リールハンドルの長さは80ミリ、メーカー希望販売価格は68,000円となっています。

早く自らの手で触れてみたいアイテムですね!

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング