ジャッカルの新作ナノバイブ

ナノバイブは2019年新発売のアジングに使えるマイクロメタルバイブレーション!

FISHING JAPAN 編集部

2019年ジャッカルから新発売となるナノバイブは、アジングシーンを熱くするバイブレーションルアーです。

極小で薄い金属板を用いていますから、アジの口にすっぽり吸い込まれてくれますよ。

当然他のライトソルトゲームの対象魚にも効果的で、メバルやメッキ・カマス・サバ・カサゴ・アイナメなどにも活用してみましょう。

ジグ単でアプローチしていて、ワームがフグに切られるケースが多発するとき、金属板ボディのナノバイブなら安心してアプローチを続けることができますね。

その特徴を詳しく見てみましょう。

ナノバイブってどんなルアーなの?基本スペックはこちら

ナノバイブは、アジングなどのライトソルトゲームを楽しむために作られた、マイクロメタルバイブレーションです。

ウエイト設定は3種類用意されていて、最も軽いのが1グラム。

次いで2グラム・3グラムの順に重くなっていますよ。

3グラムが遠投に向いていて、広範囲を素早くチェックできるでしょう。

初めての釣り場へ到着したら、まずはこの3グラムタイプからラインに結びたいですね。

ナノバイブのウエイトタイプ別活用法

このバイブレーションルアーの1グラムタイプは、最軽量ですから水中でもゆっくりとフォールする特性を持っています。

見えているアジがいるとき、ワームのジグ単やキャロライナリグなどで食ってこなかったら、このナノバイブを使ってください。

いわゆるフィネスアプローチに長けているので、口を使おうとしないアジをリアクションで食わせてしまいましょう。

具体的には、口元へキャストして、カーブウォールさせてからリフト!の繰り返し。

金属板ボディによるフラッシングと振動で、ガンコなアジも思わずバイトしてくるかもしれませんね。

オールラウンドに使える2グラムタイプ

ナノバイブの2グラムタイプは、オールラウンドに使いこなしたいタイプ。

急速にフォールさせることもできますし、ロッド操作にリニアに反応させることも可能です。

1グラムモデルと3グラムモデルの足りない部分をフォローするイメージで、キャストしてみてはいかがでしょう。

シリコンラバーのスカートパーツ付きフックを標準装備

このバイブレーションルアーに標準装備されているフックに注目してください。

シリコンラバーのスカートパーツが付いているので、通常のティンセルよりボリューム感が出ています。

水中での張りや水押しも期待できますし、小魚の群れも演出できていますよね。

ジャッカルこだわりのフックですから、実釣でその効果を体感してみたいものです。

ナノバイブには、全部で8種類のカラーがラインナップされています。

どれもアジングで実績のあるものばかり、特にピンクやチャート・グロー・アカキンなどは外せないカラーとなるでしょう。

アミをイメージするスプラッター調のカラーも魅力的ですね。

メーカー希望販売価格は、500円。

とてもリーズナブルな価格設定で、しかも耐久性のあるボディですから、長く手元に置いて使えるバイブレーションルアーといえるでしょう。

今年のアジング・メバリングが熱くなりそうですね!

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング