ジューブルの全体フォルムが分かる写真

ジューブルは2019年新発売のソフトマテリアルで作られたバイブレーションルアー!

FISHING JAPAN 編集部

ジャッカルから2019年新発売されるジューブルは、バス釣りオカッパリアングラーの強い味方です。

ソフトなボディが、絶妙な振動を生み出して、バスが好んで捕食する小魚の生命感を演出してくれますよ。

スピニングタックルでカンタンに遠投できる扱いやすさも嬉しいですね。

ここでは、新発売のジューブルについて詳しくチェックしてみましょう。

ジューブルってどんなバイブレーションルアーなの?基本スペックをチェック

ジューブルは、バス釣りに活用するための小型バイブレーションルアーです。

サイズは、全長52ミリ。

ずいぶんと小さなフォルムに仕上がっていますから、大小さまざまなバスのターゲットになり得るでしょう。

ディープゾーンで越冬しているブルーギルやフナ・タナゴなどにそっくりですね。

ジューブルの自重は6.4グラムと軽め

このルアーの自重は、6.4グラムです。

かなり軽量ですが、浮力は与えられていませんので、着水するとボトムへ向かってフォールしていくシンキング仕様になっていますよ。

これにより、表層・中層・深層と柔軟に攻めることが可能になります。

ハードヘッド+フレームとソフトボディの融合

ジューブルは、頭部やフレームが金属製になっています。

この部分がウエイトの役割と、ボディを支えるホネの役割を果たし、ラインアイとフックアイを直結させています。

もし大型のバスが掛かっても、ボディが壊れて逃がしてしまう恐れを解消していますよね。

またソフトマテリアルの部分が、より細かく振動しやすいベースを作り出しているともいえるでしょう。

秦拓馬プロが製作に関わっているジューブルに期待大!

このルアーは、ジャッカル・スタッフの秦拓馬プロが製作に関わっています。

バストーナメントシーンの第一線からは退いた感のある秦さんですが、ユーチューブを含めメディアでの活躍は皆さんの知るところですよね。

彼の分かりやすい解説としゃべり口調で、ジューブルの魅力が伝わってくる動画を見つけましたよ。

新しいルアーがユーザーに響くものとなるには、こういった伝える人の要素が必ず求められます。

ジャッカルには秦拓馬プロがいるので、あらゆる製品が身近に感じられますね。

ジューブルが大活躍する動画はこちら

ジューブルには、全部で10種類のカラーが用意されています。

ブルーギルそっくりのものや、小魚に似せたもの、また視認性の高いものも豊富に含まれています。

特にディープゾーンでは、しっかりと見えることが肝心。

ラトルが搭載されていないので、バスの目に届くことが釣るための重要ポイントといえるわけです。

その点においてジューブルは、チャートやピンクといった蛍光色をセレクトし、ラメで反射効果を期待できるカラーもラインナップされているのが頼もしいですね。

12月からの冬のバス釣りシーンで、欠かせないアイテムとなってくれるでしょう。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング