ジグ 写真

ヘッドロックジグに2019年追加ウエイト・5/8オンスが登場!ボトムのバスを攻略

FISHING JAPAN 編集部

ヘッドロックジグは、デプスからリリースされているバス釣り用のラバージグです。

ラバージグといえば、ワームをトレーラーにしてボトムまで落とし、ロッドワークを駆使して跳ね上がらせては着底を繰り返しながらバスを誘うルアー。

デカバスが食ってくる確率が高いので、愛好家が多いことでも有名です。

そんなデブスのラバージグに、2019年追加ウエイトが登場しますよ。

特徴を詳しくチェックしてみましょう。

ヘッドロックジグってどんなラバージグなの?基本スペックはこちら

ヘッドロックジグは、フットボール形状のヘッドデザインを採用した、バス釣り用のラバージグです。

設定ウエイトは5種類、1/4オンス・3/8オンス・1/2オンス・3/4オンス・1オンスから選べるようになっていましたが、2019年に5/8オンスが新しく追加されることになりました。

これだけ多くのウエイトがあれば、さまざまな水深を任意のタックルで攻めることができますね。

ボリュームのあるワームトレーラーと組み合わせれば、ボトムはもちろん中層も、スイミングさせながら攻略可能でしょう。

ヘッドロックジグのヘッドはフットボール形状

このラバージグは、オリジナルデザインのフットボールヘッドを採用しています。

横に幅の広いフットボール形状は、着底した際にジグそのものが横倒れしにくい特性を持っていますよ。

これにより安定した姿勢で、バスのバイトを待つことができます。

すっぽり口の中に吸い込んでもらいやすいでしょう。

ラインアイの位置に注目

ヘッドロックジグのラインアイに注目してください。

ヘッド部分の天頂位置に設置されているのではなく、大幅に後方寄りになっていますよ。

ここにラインを結ぶと、アイより後ろ側にあるフックやワームトレーラーが着底時にいきなり立ち上がることに。

ボトムで立つことで、周囲のバスに対するアピールが強烈なものになるのは間違いありませんし、付属のスカートやワームトレーラーが自発的に揺れるようになります。

当然ロッドからアクションを加えると、もっと揺れてバスを誘うことに。

まさに生命感をリアルに演出できる仕組みといえるでしょう。

フックはネムリ形状でバラしにくい

このラバージグのフックにも、独自のデザインが施されています。

フックポイントが、やや内側に曲がっている=ネムっているのが分かりますか?

こういうデザインにしておくと、弱いフッキングであったとしてもバスのアゴを貫通しやすいメリットがあります。

また一度貫通してしまえば、ネムリ角のおかげでスッポ抜けしにくくなりますよ。

せっかく掛けたバスを、みすみす取り逃がしたくはありませんから、これは嬉しい仕様ですね。

ヘッドロックジグには、ファインラバースカート・シリコンスカート・シリコンファインスカートの仕様が用意されています。

またカラーも豊富で、ボトムの地質や水の濁り具合・ベイトフィッシュの種類などに合わせて、切り替えながら使ってみましょう。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング