ワーム 写真

好評アジングワーム・アジフラットに2019年追加カラーが5種類登場!

FISHING JAPAN 編集部

アジフラットは、メジャークラフトから発売中のアジング専用ワームです。

定番のストレート系フォルムで、全身にリング状のリブが刻まれていますよ。

アジングアングラーの間で評価の高いこのワームに、2019年新しいカラーが追加されます。

ますます釣れ筋ワームになっていく可能性大ですね!

アジフラットってどんなワームなの?基本スペックはこちら

アジフラットは、アジングに活用するための専用ワームです。

設定サイズは2種類用意されていて、2.3インチと2.8インチ。

短いほうは、アジのショートバイトが多発するときに、長いほうは、アジを広範囲から呼び込みたいときに使ってみましょう。

ほんの少しの差に感じるかもしれませんが、ワームの長さという要素はアジングをする上でとても重要なのです。

目的を定め、きっちり使い分けられるアングラーのほうが、より多くの機会に恵まれるでしょう。

アジフラットのリングを伴なったボディデザイン

このワームには、大きなリング状のリブが全身に刻まれていますから、着水した時点で水をしっかりつかむことができます。

そのままフォールさせてもリトリーブを開始しても、水を引き連れて移動することに。

そのとき、強い波動を発生させる仕組みになっているわけです。

水中に棲む魚は、この波動を耳と側線で敏感に感じ取ることができますよ。

「おや、何か泳いでいるんじゃないか?」と瞬時に気づいたアジは動力にスイッチを入れて、群れのどのアジよりも波動の主に会いに行こうとするのです。

当然そのまま口を使ってしまうケースもあり得ますから、ワームにとって波動を生み出すことは必須の要素といえるでしょう。

フラットテール

アジフラットには、最後尾にフラットデザインのテールが連なっています。

テールを薄いフラット形状にすると、リブで発生させた波動を受けて微振動を繰り返すようになります。

海中を浮遊する稚魚やプランクトンの類いは、この微振動を絶えずおこなっていますよ。

それをよく知っているアジは、微振動をとらえただけで、エサの在り処を即座に把握したことになるわけです。

アジが後方から追従してきて、テールから吸い込むようにバイトするとき、その薄さがミスバイトを防ぐ役割も果たしてくれるでしょう。

フックをセットしやすい太めの頭部

このワームの頭部先端は、どの箇所よりも太めに作られています。

そうすることで、フックを刺し込みやすく、ジグヘッドを安定させやすいメリットが得られるからです。

ただ、既存のワームの中には、頭部に亀裂が入りやすくて、簡単にフックが外れてしまうものがあります。

アジフラットの場合は、実際にセットしてみてもフックが安定していましたから、使い続けるのに適しているでしょう。

アジフラットには、追加カラーとして5種類がラインナップされます。

どれも定番の人気カラーで、早く釣り場でアジの反応を見てみたくなるものばかり。

今年のアジングシーンは、楽しくなりそうですね!

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング