ルアー 写真

水温が下がり始めたフィールドでバスを狙うならコレ!大人気ジャッカルTN80のインプレチェック

FISHING JAPAN 編集部

琵琶湖を拠点として日本のバス釣りシーンに多大な影響力を持つルアーメーカー・ジャッカル。

そのフラッグシップともいうべき人気ルアーが、TNシリーズのバイブレーションプラグです。

さまざまなサイズがリリースされてきた中から、実績のあるものをひとつ挙げるとすれば、やはり最大サイズのTN80ではないでしょうか。

TN80とは

TN80とは、昨年リリースされたジャッカル・バイブレーションプラグの最大サイズモデルです。

全長は80ミリで自重は29.4グラム。

実際に手のひらに乗せてみた印象は、TNトリゴンよりもボリュームが抑えられた感じを受けます。

詳しくインプレしてみましょう。

TN80をシーバスゲームに使ってみた

実は昨年このTN80がリリースされたとき、丁度シーバスが河川に登ってくるタイミングと合ったので、試し投げで複数本釣れてしまった経験があります。

よく飛んだから釣れた!とは感じず、水深2メートルをキープしながら泳いでくれたことが釣果につながったのかなと。

シーバスは表層を意識していることが多いのですが、風や流れ・ベイトフィッシュに位置によって、定位する層そのものを変えることがあります。

自分より下にベイトフィッシュを置きたくないようで、水深のあるエリアでは極端に沈むことが稀に起こります。

そんなとき、トレースゾーンを深めに設定できるルアーが、有効打を放てることが。

たぶんTN80によく食ってきたシーバスは、そのケースに当たるのではと推測します。

いよいよバス釣りに投入

シーバスに効くというインプレを携えて、バス釣りに投入したのですが、やはり水深2メートルがキモでした。

リザーバーで浮いたときに、ワームやラバージグで反応が薄かったので、スピナーベイトやクランクベイトへチェンジしたのです。

するとバイトはあるものの、フックアップしませんでした。

TN80へローテーション

そこでTN80に結び換えて、水深2メートルよりも浮き上がらないようにしながら、岬周りやワンドの入口を丁寧に探ってみたのです。

カラーは金黒とSKシルエットギルのローテーション、どちらもバイトしてきましたが、ひんぱんに食い付いてきたのは金黒カラーのほうでした。

元々定番カラーとして人気の高い金黒ですが、水質の違いがあってもオールマイティに結果を残してくれる、信頼できるカラーとして認識していましたから、結果には納得です。

TN80は、ワンノッカーサウンドを響かせる仕様になっています。

内部に大円球が1つ入っていて、低い干渉音が響き渡るように設計されていますよ。

ノックが発生するギリギリのスピードまで、リトリーブを落とす必要はなく、ややゆっくりめでリールハンドルを回すと、手元にきっちり振動が伝わってきます。

水温の下がるこれからの季節は、バスの居場所も深めになりますから、TN80の独壇場になるかもしれませんね。

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング