アイゴの写真

アイゴの釣り特集!トゲが危ない磯魚の値段や釣り方&おすすめ料理法

FISHING JAPAN 編集部

紀伊半島エリアでは、バリコという名前で親しまれている魚・アイゴ。

鋭いトゲを持っていて、刺されるとたいへん痛いことで知られています。

そのトゲを上手く処理して料理すれば、抜群の美味しさを引き出すことができますよ。

ここではアイゴの釣り方や市場での取り引き値段、美味しい料理法などについてご紹介しましょう。

アイゴとは

アイゴとは、日本全国に棲息しているスズキ目アイゴ科の魚のことです。

大きくなれば約30センチ前後まで到達するでしょうか、平らな体型で色はほぼ褐色。

体表面に刻まれている模様は、個々の棲息環境によって変わることが多いですね。

口は小さめですから、あまり大きなサイズのハリを用いた仕掛けでは、釣ることが難しいでしょう。

防波堤や磯の岩礁帯エリアなどで、グレやチヌなどのフカセ釣りをしていると、外道として釣れることがあります。

酒粕をエサにすれば、その強いニオイに誘われて食い付いてきますよ。

紀伊半島の釣具屋さんやエサ屋さんに酒粕が置いてあるところがあるのは、このアイゴ釣りに用いるためです。

酒粕が手に入らない場合は、オキアミをエサにして撒き餌に酒粕入りのものを使うといいでしょう。

具体的には、チヌ釣りに使う撒き餌パックに、酒粕が含まれたものがあります。

麦黒鯛 8個入1ケース 釣り餌 配合餌 チヌ 黒鯛 磯釣り 防波堤釣り ヒロキュー

麦黒鯛 8個入1ケース 釣り餌 配合餌 チヌ 黒鯛 磯釣り 防波堤釣り ヒロキュー

参考価格:¥4,000

Amazonへ

チヌ釣り用の集魚剤を使って、アイゴを集めてから釣り上げるようにしましょう。

そのほうが間違いなく効率がいいですし、浮いてきたアイゴの姿も見ることができます。

注意したいのは、ハリスの太さですね。

アイゴの歯は意外と鋭くて、細いハリスを用いるとすぐにザラザラに傷めつけられてしまいますよ。

せっかく手元まで引き寄せたのに、ランディング直前でラインブレイク!なんてことになりかねませんから、太いフロロカーボンラインのハリスを用いるようにしましょう。

結ぶハリのウエイトにもよりますが、1.75~2号以上のラインを選んでおけば、いきなり切られてしまうトラブルは避けられるはずです。

慌てて取り込まずに、じゅうぶん弱らせてからランディングネットへ誘導するようにしたいですね。

アイゴの値段をチェック

アイゴを売っている魚屋さんで、その値段をチェックしてみました。

場所によってまちまちですが、1尾100円前後が相場のような気がします。

3尾セットで300円を少し切るような値段も見ることができますね。

最近は魚屋さん自体を見かけなくなり、スーパーマーケットなどにアイゴが並ぶかというと、なかなかその機会にも遭遇できる確率は低くなっています。

漁港の近くにある魚屋さんでアイゴを見かけたことがあって、店主と話したことがあります。

店主曰く、アイゴを専門に漁をすることはないので、たまたま獲れたものが市場に出てくるとのこと。

となると、やはり釣り人が自分自身で釣り上げるのが、アイゴをゲットする早道かもしれませんね。

アイゴの生態

アイゴの釣り方を覚える前に、その生態について把握しておきましょう。

アイゴは雑食性の魚といわれていて、海に生えている海藻を好んで食べる傾向があります。

酒粕の代わりにこの海藻を取ってエサにして釣るケースも、よく釣り場で耳にしますね。

アイゴの産卵は7~8月です。

孵化した稚魚がプランクトンを食べながら3センチほどになると、海岸沿いの海藻を食べるように食性そのものが切り換わっていきますよ。

急に磯焼けしたような状態に磯場や沿岸がなるのは、アイゴが海藻を食べ尽くしたケースかもしれませんね。

アイゴのトゲには毒があるので要注意

アイゴには、背ビレや腹ビレの位置に鋭いトゲがあるのが特徴です。

このトゲ自体には毒が含まれているので、むやみに触れては絶対にいけません。

もしそのトゲが刺さって毒の影響を受けると強烈な痛みに襲われますから、数時間は激痛に苦しむことになるでしょう。

痛みがすっきりと消えてしまうまでには、ずいぶんと時間がかかるので覚悟してください。

釣った後すでに締めて死んでいるアイゴに刺されても、毒が体内に残っているので傷みは伴ないます。

アイゴを釣り上げたら、誤って刺されないようにしましょう。

そのためには、背ビレ・腹ビレのトゲを全てハサミでカットしてしまうことをおすすめします。

当然釣り場には、刃が大きめのハサミを持参するようにしてください。

手にはグローブを装着して、カットしたトゲが刺さらないように注意しましょう。

アイゴ釣りを楽しんでいる動画はこちら

アイゴ釣りのおすすめ時期

アイゴは、強い引きが魅力の魚ですから、アイゴをメインターゲットにして釣りを楽しんでいる人も多いですよ。

釣りにおすすめの時期は、防波堤や磯場で釣るなら6~9月が最もアイゴが接岸して釣りやすいでしょう。

夏場は全般的に数釣りが楽しめますし、冬は大型のアイゴを釣ることができます。

以前はあまり寒い時期にアイゴ釣りをしている人は見かけませんでしたが、寒グレを狙いに磯場に来ている人に尋ねてみると、「結構デカイのが掛かってくるよ!」とのこと。

藻の残っているようなエリアなら、じゅうぶんにアイゴが潜んでいるようですので、狙ってみる価値はあるでしょう。

アイゴの釣り方

アイゴの釣り方は、ウキを用いたフカセ釣りや、シンプルなフカセ釣りがおすすめです。

釣り方は、ウキフカセ釣りなら棒ウキや円錐ウキを使っておこないます。

繊細なアタリをとりたければ、棒ウキのほうが視認しやすいでしょう。

フカセ釣りは、ハリとエサの重みだけで誘いますので、ゆっくりと潮に乗せながら誘いをかけるようにしてください。

通常の磯釣りタックル、すなわちグレ釣り用タックルを用意すれば対応できます。

結構引きが強いので、スリリングなやり取りを楽しむことが可能です。

足場の安定した防波堤などから始めてみてください。

堤防からアイゴ釣りをしている動画はこちら

アイゴを何匹か釣っていると、大型サイズのものが掛かるケースがあります。

ロッドパワーが勝っているなら、そのまま引き上げられるのですが、強烈に絞めこまれてロッドが曲がってしまうことも。

そんな大型のアイゴを釣り上げるには、掛かったアイゴを弱らせて浮かせなければなりません。

ネット情報をチェックすると、ぐるぐるとらせん状に回しながら引き上げてくれば、アイゴがあまり抵抗せずに水面まで浮上するとのこと。

実践してみたのですが、上手い具合に掛かったアイゴが旋回してくれません。

ロッドティップが変な方向に曲がり過ぎて折れそうな感じになるので、このアプローチは泣く泣く止めることにしました。

代わりにアイゴが走る方向とは逆にロッドを傾けて、ラインテンションをキープし続けていると、旋回しているような状態には近づきます。

それでなんとか取り込むことができましたので、長めのロッドを用意して左右に倒しながら旋回状態に持っていけるようにチャレンジしてみてはいかがでしょう?

アイゴのさばき方

釣ったアイゴを美味しく料理してみましょう。

何よりも注意深く対応したいのは、アイゴを無事にさばくことです。

誤ってトゲに刺さってしまっては、料理どころではなくなってしまいますよ。

まずはこちらのさばき方動画をご覧ください。

危険なトゲを取り除く行程を中心に、じっくり観て確実にさばき方を習得するようにしましょう。

アイゴのさばき方を詳しくレクチャーしている動画はこちら

アイゴのおすすめ料理法

アイゴを美味しく食べようと思ったら、鮮度の良いものなら刺身が抜群です。

内蔵にニオイの元があるので、きっちり取り除きましょう。

身は白くて、プリプリした食感を楽しめるでしょう。

アイゴは煮付けにもバッチリ合いますし、数多く釣れた場合には、干物にして長い期間食べることを楽しむこともできますよ。

アイゴは意外と皮が分厚いので、干物にする際は一夜干しには向きません。

最低でも24時間を超えるくらいしっかり干して、焼いたときに皮が縮むようにしておきましょう。

アイゴの刺身

アイゴを刺身にした写真がこちらです。

とても美しい白色をしていますよね。

釣ってからさほど時間の経っていないものなら、刺身にして食べることをおすすめします。

釣り場近くに住む漁師さんに話を聞くと、アイゴの内臓を珍味として食べるケースもあるとのことです。

実際にニオイを嗅いでみると、とんでもない激臭なのですが、イカの塩辛のような外観だけ見れば食欲はそそられますね。

無理に食べることはおすすめしませんが、現地の漁師さんと食事を共にする機会があれば、アイゴ料理の中にこの珍味が混じるかもしれませんよ。

アイゴの釣りにトライしてみよう!

アイゴは、毒を持ったトゲのある魚として広く知られていましたから、やや釣り対象魚から避けられていた感はあります。

さばき方を間違えて内蔵を傷付ければ、そこからの激臭で食べることが難しくなる点も、一般受けしなかった理由かもしれません。

それでもきちんと料理できたときのアイゴの美味しさは格別です。

防波堤や磯場で釣りをする機会の多い人なら、安全にアイゴを自宅へ持ち帰って、トゲを取り除いて料理してみることにトライしてみませんか?

あなたにとって、新たな釣り対象魚が誕生することになるかもしれませんよ。

釣り初心者」カテゴリの人気記事

DAILYランキング