ワーム 写真

ハイドロハンドを使って食い渋るタフバスをバイトに持ち込もう!

FISHING JAPAN 編集部

ハイドロハンドは、ダイワからリリースされているバス釣り用ワームです。

画像を見ると、驚くべき数の小さな手=マイクロハンドが突き出していますよね。

これが極めて効果的に働いて、バスをバイトに持ち込んでくれるのです。

ハイドロハンドのサイズ

ハイドロハンドには、4種類のサイズが用意されています。

2.5インチ・4インチ・5.5インチ・8インチの中から、5.5インチを選択して、食い渋るタフバスを誘ってみることにします。

なぜ5.5インチを用いるかというと・・・。

ハイドロハンドの5.5インチ

ハイドロハンドの5.5インチには、1/0番や2/0番のオフセットフックを装着することが可能です。

ボディサイズに対して、フックが大き過ぎたり小さ過ぎたりすることなく、ノーシンカーリグでフォールさせてもやや前傾姿勢を取りながら水平に沈もうとしますよ。

この一連の水中姿勢が、バスの捕食本能に火を着けるのです。

ダイワ(Daiwa) ワーム ハイドロハンド 5.5インチ スカッパノン

ダイワ(Daiwa) ワーム ハイドロハンド 5.5インチ スカッパノン

参考価格:¥361

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

オフセットフックをセットしたノーシンカーリグでアプローチ

ハイドロハンドをシャローエリアのカバー周りに投入してみました。

オフセットフックをセットしたノーシンカーリグで、ふわふわと底に向かってフォールさせます。

この間ロッドをシェイクするなどのアクションを加えません。

フォール姿勢のみでバスを誘うほうが、バイトしてくる確率が上がる気がしますね。

マスバリを使ったダウンショットリグも効果的

ハイドロハンド独自の浮力を利用して、マスバリを使ったダウンショットリグも有効です。

ほぼ水平姿勢のまま中層を漂う姿は、サスペンドする小魚そのもの。

ノーシンカーリグのフォールメソッドも効きますが、マスバリ・ダウンショットリグの小刻みな誘いも強烈で、バスにはとても魅力的に感じるでしょう。

ハイドロハンドを使えば、他のワームでは得られないショートバイトの感覚も、把握することができます。

例えば小型のブルーギル。

口が小さ過ぎて、普通のワームでは噛むことすらできません。

でもこのハイドロハンドなら、突き出たマイクロハンドの部分を噛んで引っ張れるので、ブルーギルが存在することが分かるのです。

ブルーギルが居れば、そばにバスが近寄ってきているかもしれませんから、引き続きそのポイントを攻める判断ができるでしょう。

ダイワ(Daiwa) ワーム ハイドロハンド 4インチ ジュンバグ

ダイワ(Daiwa) ワーム ハイドロハンド 4インチ ジュンバグ

参考価格:¥361

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

ワーム」カテゴリの人気記事

ダイワ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング